スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

Robert B Parker: "Night Passage"(パーカー:『暗夜を渉る』)

ここ数週間、Robert B Parker(ロバート・B・パーカー)のスペンサー("That's Spenser with an `S'")・シリーズを、最初から順を追ってぽつぽつと読んでいる。通っている公共図書館の外国物文庫本書棚で、シリーズ最初から数巻分が揃っていたのを目にしたのが運の尽き(?)。定評ある私立探偵物であることだけはかろうじて知っていたが、今ごろになってようやく実際に読む機縁を得た。1973年のシリーズ処女作『ゴッドウルフの行方(The Godwulf Manuscript)』以来30年、すでに本国アメリカでは30冊を超える作品が刊行されており、当分の間楽しめそうだ(邦訳も早川書房から順調に文庫落ち継続中、訳者は菊池光さん)。

もっとも、シリーズ中にいくつか谷間かハードルのような、というか、作風やモチーフを大きく変えた作品があるそうで、読者によってはそこでシリーズを見限って読むのをやめることもあるという。最初から読み始めた私は、そうした作品にはまだ到達していない。もちろんシリーズは継続中だし、邦訳されたものもまだ全部を通読したわけではないので、確信をもって自分が言えることはない。ただこれまで読んだかぎりでは、どの作品も非常に手堅く、比較的スムーズに読み進めることができ、読後に一定の水準を超えた満足感を得られる、という気がする。安心して読める、という感じか。

スペンサーが暇さえあれば発する、恰好よさに徹しきれずかなりの確率で笑えない“気の利いた科白”、彼の恋人で魅力的に描かれる自立した女性スーザン、日本語で言う侠気をスペンサー以上に感じさせる“相棒”ホーク、悪の摘発にプロとしての矜持を持ち続ける警察/検察関係者といった主要登場人物。そして何より、摩天楼が寄り集まって呆れるほど均一な景色を作るアメリカの大都市のなかでは例外的に美しい街のひとつ、スペンサーが拠点とする“古都”ボストン。道具立てが揃えば、あとは展開されるプロットを追い、スペンサーの一人称で語られる世界に浸ることができる。

(……と書いていたらまた長くなってしまったので、以下は「続きを読む」にて失礼します)

>> More
category: books | permalink | Comments(0) | Trackbacks(2) |

“未青年”の死と三島由紀夫

学生時代、偶然目にした三島由紀夫の書いた文章に誘われて読んだ著者がいた。そのなかで最も印象深いのは二人。一人は美術史家/ジャーナリストの Gustav René Hocke(グスタフ・ルネ・ホッケ、1908–1985)、もう一人が歌人の春日井建だった。

春日井建は3カ月ほど溯る今年(2004年)5月22日、長らく患っていた(ということを訃報で初めて知った)癌で亡くなった。昭和13(1938)年生まれ、享年65歳。新聞やウェブ上で見かけた訃報には、「三島由紀夫が『われわれは一人の若い定家を持った』と絶讃した歌集『未青年』の」といった修飾が、枕詞のようにほとんど必ずついていた。私自身がもつ春日井建の歌業についての認識も、残念ながらあたかも予定稿のようなこうした言い廻しが示すところを超えていない。名高い『未青年』(1960)は幾度も読んだが、読むたびにどこかで拒絶され入り込めないもどかしさを感じていた。

追悼するには既にはるかに時機を逸しているし、上述のとおり私は春日井建の短歌のよい読者だったことは一度もない。訃報を耳にしてからまた幾度か、もう二十年以上も昔に買った『春日井建歌集』(国文社・現代歌人文庫、初版1977年)を読み返している。巻頭の歌人ポートレイトが武田花撮影だったことに迂闊にも初めて気づく。冬や雪を詠み込んだ歌が多いと感じる:

集は異なるが:

一方で、これは炎暑の夕景なのだろうか……? 『未青年』劈頭を飾った一首:

春日井建のこうした歌をことさらに採って掲げることに、何かの意味があるのだろうか……引用しつつ疑問に感じる。『未青年』はいまの私が読んでも、その題名がほかに言いようがないほど的確に表しているように「“未青年”による/についての」歌で、罪と軛について、(同)性愛について、“父と母と兄と妹と‘我’”についての歌だと思える。ここでは、そうした色彩が薄いとかろうじて思われるものばかりを意図的に引いた。歌われていることが虚構であれ事実であれ、歌集としてのその総体は、私にはやはり今も昔も近寄りがたい。齢を重ねてゆくこの先ますます、春日井建のこの処女歌集の境涯を理解しうるところから遠ざかるばかりだ。

逝去から数カ月後の今になってここで書くのもおかしいが、御冥福を祈ります。

以下は、読み返して改めて目に留まった『未青年』所収のよく知られた次の一首:

にいささか関わる、文字通りの随感です。

>> More
category: books | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

Barry Eisler 『雨の影(Hard Rain)』

なんとなくハードボイルド小説かと思って読んでいた。しかし、著者の処女作『雨の牙(Rain Fall)』とこの2作目とを続けて読んだ後に著者ご本人のサイトを訪れて、そこに掲載されている本国米国で出た書評を読むと、どうやら大概“スリラー(thriller)”に分類されているようだ。まあ、この場合ジャンル分けを云々してもあまり意味はないし、文芸批評ではおそらくほぼ確立されたハードボイルドの定義があるのだろうが、たしかに探偵は出てこない。だが文章は辛口だ。

主人公はジョン・レイン(John Rain)、一匹狼の殺し屋。日本(父)と米国(母)のハーフ、ヴェトナム戦争時の米軍特殊部隊出身、「奇跡の二パーセント」のひとり:

レインは、日本人と白人(と思われる)のハーフだが、生まれついた容貌は日本人だ。ヴェトナム戦争後にプロの殺し屋となってからはさらに整形を施し、自らを“人々”のなかへ埋没させ没個性化することを行動の大原則としている:

もちろん、これはレインが飛び道具や爆発物、毒物などを使わず自然死あるいは病死に見せかけるかたちでの殺人を得意とするという作品での設定による、いわば“職業上”の心構えだ。だから作品の裡で必然性を持つ。しかしこれにとどまらず、レインが文字通りほとんどどこにも(国はもちろん、地縁・血縁・社会的なグループや社交、友人としての個人的なつきあいなど)帰属先をもたない、徹底的なまでの“aloner”であることは、彼が日本と米国のどちらの社会でも暮らしてみたがどちらからも心からの歓迎を受けることができないままとけ込むことを放棄した経緯や、彼が上で引いたように元職業軍人の“奇跡の二パーセント”であり、戦線敵陣後方での攪乱と情報収集という過酷で隠密の任務を遂行していた経歴などによって、さらに強調される。

どこにも属しないことを択んだレインにとって、彼が“職場”とした東京(そして第2作では大阪)や日本は滞留点のひとつに過ぎない。「だが」なのか、あるいは「それゆえ」なのか、レインの目を通して描かれる東京は、時に美しく、時に冷静につき放されて、さまざまな異相を露わにする。著者は約3年のあいだ日本に暮らし、日本企業に勤務した経験もあるそうだが、それにしても詳しく的確だ:

どこに居ても異邦人であるほかないレインにとっての慰めはモルト・ウィスキィとジャズ。両者がしばしば揃って出る場所はバー。公式サイトには、第1作『雨の牙』でとくに印象的な描写があるバーは、大阪所在の実在の店をモデルにしている旨の記述がある(「John Rain's World」参照)。

公式サイトに掲載/引用された書評でも、著者の文章の見事さに言及しているものは多い。一部引用された原著からの文章を読むだけでも、かなり表現に凝っているのがわかる。邦訳(訳者は第1作・第2作とも池田真紀子さんという方)は、おそらく原作の文章が湛える雰囲気を相当適確に日本語に移している。標題に反して、雨のイメージよりも圧倒的に夜、それも都会の夜の印象が強いが、じつに雰囲気がある。次回作はマカオから始まり、アジアと南米とが主な舞台となるようだ。3作目日本語訳の早期刊行に期待したい。

日本語訳の版元がソニー・マガジンズで、判型は文庫判(「ヴィレッジブックス」)。書店での(文庫)書棚の争奪戦がすさまじいのは周知のとおりで、新潮・講談社・中公・岩波・角川、それに早川と東京創元社はたいていそれぞれ専用の書棚があっても、これら以外はたいてい隅に追いやられている。これは完全に自分の怠惰のせいだが、縁あって愛読するにいたった特定の作家のものを除いて、雑然と置かれて或る意味で不当な扱いを受けざるをえない他の文庫収録の本を丁寧に見て、おもしろそうなものをみつけだすことはなかなかしようとしない。

自分にはなじみのない版元から出ているこの“Rain シリーズ”について私が知ったのは、いつも拝読している mi4ko さんのウェブログ、Still Life の「小説家のレシピ」という魅力的なカテゴリで公開されたエントリ「「雨の影」のリゾットが食べたい!」(2004年5月30日付)を通じてだった。本作で、レインが唯一の協力者として恃むハッカーに尾行がついている疑いが生じ、それを確認すべく詳細な行動指示を彼に与えて、レイン自身は監視する。監視場所に選んだ店でレインが食べた東京・恵比寿にある店のリゾット(『雨の影』pp.106–107前後)を自作する、という内容なのだが、いつもながらの見事(でこのエントリではおいしそう!)な写真とともに、同じくいつもの達者で歯切れのよい文章でこのシリーズにふれておられる。私の駄文と較べるのがそもそもおこがましい、格段に優れた紹介になっている。興味を持たれた方はぜひご一読を。

書誌は以下のとおり。なお、本稿標題にした第2作は、やはり第1作を先に読んでからのほうがいい。

  • バリー・アイスラー『雨の牙』池田真紀子訳(2002年1月、ソニー・マガジンズ(ヴィレッジブックス)、426頁、本体価格760円)

  • 同『雨の影』池田真紀子訳(2004年1月、ソニー・マガジンズ(ヴィレッジ・ブックス)、496頁、本体価格800円)

以下、ちょっと不満な点をいくつか。

>> More
category: books | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

京極夏彦『陰摩羅鬼の瑕』

この連休中にようやく読了。

本作は、自分にとってはこれまでの“京極堂シリーズ”長篇作品のうちでも類がないほど読みづらく、全体の5分の4くらいに到って中禅寺がようやく事件後の“解決”シーンに登場するまで、読むのを夥しい回数中断した。

いっぽうで、読み進む勢いがついてきて引き込まれた終局に到って、不覚にもひどくこたえた。最終章での木場刑事と伊庭元刑事とのべらんめえの応酬には救われる。末尾の一文……そう、そしてまた夏がめぐってきていた。

食い足りない気分もたしかに残る。しかしまた再読、三読するだろう。

書誌は、京極夏彦『陰摩羅鬼の瑕』(2003年8月、講談社(講談社ノベルス)、752頁、本体価格1500円)。今年の9月に文庫落ちする……ことはさすがにないか。

以下は単なる覚書の域を出ず、また不用意/無自覚にいわゆる“ネタバレ”を犯す懼れもあるため、すべて「続きを読む」にて。

>> More
category: books | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

『吉田一穂詩集』(加藤郁乎編)

あゝ麗はしい距離(デスタンス)、 つねに遠のいてゆく風景…… 悲しみの彼方、母への、 捜り打つ夜半の最弱音(ピアニツシモ)。

吉田一穂 「母」 (全、パーレン内は本来ルビ)

標記の詩集が、加藤郁乎編で先月(2004年5月)文庫で出た。自宅近くの充実した品揃えを誇る書店にはなぜかなく、昨日ようやくターミナルの大型書店にて入手。編者による「解説」を読むと、加藤さんは1951(昭和26)年以降、詩人に長らく師事(と言っていいものか?)された由。400字詰で15枚程度の短い文章ながら、吉田一穂の詩業と人となりを伝える印象的なエピソードを綴って十全。短詩形の作家には達意の文章を書く人がさすがに多いことをまた確認できた。

上掲の「母」は、おそらく詩人の作品のうちで最もよく知られたものではないか。処女詩集『海の聖母』の劈頭を飾っていた詩篇だそうで、この文庫版でも巻頭に置かれている。私が吉田一穂のことを知ったのも、これを引用した評論だった。この詩(の第二連のみだったか)を、同じく恐るべき喚起力を持つ

数個の
母の分裂を浄めることへの
執着

という、稲川方人の詩集『償われた者の伝記のために』(1976)の詩句(冒頭と末尾に出る。前者は正確には扉の対向頁、ページ左右中央上方にエピグラム様に印刷されていた。上掲引用のとおりの行分け。一方、末尾のものは「数個の」の後に読点を付し一行にまとめられている)と並べて示し、稲川の詩を論じていた(たしか『現代詩手帖』所掲、執筆者その他の詳細をすべて失念)。稲川のこの詩集をすぐに探したが、当時すでに書店店頭にも古書店にもなく、同じく吉田一穂の作品もなかなか読めない時代だった(後述)。

本書「解説」の前に年譜が置かれてある。そのなかの1921(大正10)年、詩人23歳の項:

五月以降、実業之日本社との交流が始まり、同社の雑誌「日本少年」「小学女生」に童話や童謡を発表し始める。以後、大正年間の一穂の原稿生活は、その大部分が「小学女生」および「小学男生」、両誌の休刊後は「幼年の友」(いずれも実業之日本社発行)によって支えられる。……

これ以前、そもそも吉田一穂は歌人として出発したそうだ。少年文学や童謡の分野での詩人の仕事についても、恥ずかしながら私はまったく知らなかった。

検索エンジン経由で。斉藤佐知さんのウェブサイト「斉藤佐知 絵画ギャラリー 「白銀屋」」には、吉田一穂の童話集『ぎんがのさかな』(1941)から「一つぶのむぎ」、そして『かしの木とことり』(1944)から「ひばりはそらに」に画題を取った斉藤さんのパステル画が、力強い線と深みのある色彩で一穂の文章とともに掲げられている。

書誌は、加藤郁乎編『吉田一穂詩集』(2004年5月、岩波書店(岩波文庫)、288頁。本体価格760円)。3篇の「随想」と各詩集の序や跋、年譜を含む。

>> More
category: books | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。