スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

Type Records の DJ ミックス "radio"

今年は妙に短かく感じた秋もほぼ終わり、極端に暑がりの自分にとっては誠に過ごしやすい時季を迎えた。しかし残念ながら、毎年11月はきまって仕事に忙殺される。もっとも普段常軌を逸してぐうたらな私には、「忙中閑あり」の充実を実感できる数少ない機会でもある。暇を持て余している時間に較べてはるかに読書が進む。限られた時間で聴く音楽にかえって集中できる。

書くほうは……いろいろインプットはしているつもりなのだが、なかなか熟成させることができないままだ。ご覧のとおりさっぱりで、開始当初からただでさえ低かった更新頻度が先月10月からさらに落ち込んでいる。随時足を運んでくださっている方々には、この機を借りてお詫び申し上げます。

標記は、ここ数カ月ときどき覗きに行っては興味を惹かれたアルバム評などを読んでいる Stylus 掲載の新譜紹介記事から飛んだ先でみつけた。この Type Records(リンク先は公式サイト)は比較的新しいレコード・レーベルのようで、CD-EP を含め通算5枚めをつい先日リリースしたばかりらしい。拠点は英国 Birmingham のようだが、収録/契約ミュージシャンは現状では北米と欧州各地に点在している。すでに日本にも熱心なファンがいるようだ。

ひととおり音源クリップを試聴する前に、サイト左側のナヴィゲイション下端に「RADIO」とあるのに気づき、聴いてみた。どれも60–70分強の尺があり、きわめて上質で聴き応え十分。収録されている音楽も幅広い。ジャンルで言えば主にアンビエントやエレクトロニカというところになるのだろうか。しかしそれらにとどまらず、個人的に目についた名前を挙げると MogwaiGodspeed You! Black Emperor(どちらのバンドも私自身は最近になって初めて知って“大人買い”し、とんでもない遅まきながらよく聴いている)から Bark PsychosisTim Hecker(この人の音楽も最近知った)、さらには Arvo Pärt まで。(リンク先はいずれも公式(GYBE も?)サイト、Hecker のみエレクトロニカ系がかなり詳しい Discogs の当該ページ)

“番組”は、基本的には毎月1本くらいのペースで公開されているようだ。最近のもの数本はストリーミング(mp3 形式)で聴けるためサイトでは「RADIO」としているのだと思うが、標題に書いたとおり DJ mix と呼ぶべきなのだろう。こんな選曲とミックスができれば楽しいだろうなと思わせる。流しておいて本を読んでも邪魔にならず、じっくり聴き込むと随所に発見がある(私はここで選曲されているミュージシャンのほとんどを知りません)。晩秋から初冬の夜長にお薦めです。気に入れば mp3 ファイルを丸ごとダウンロードすることも可能(ただし一部リンク不達あり、下記を参照されたし)。

----------

  • 聴取は上述のとおり、サイトの「RADIO」から。つい最近11月のミックスが公開された。順次古い“番組”がストリーミング配信のみになるのかと思っていたら、そうではなくて古いものをダウンロードのうえローカルで聴取、になるようだ(いずれにせよ、どこかのサーバに音源ファイルを置いておかねばならないから、同じことではあるのだろうが)。

    各ミックスごとにページが設けられ、簡単な紹介と落ち着いた写真とともに、ミュージシャン・曲目・収録レーベル(アルバム名はない)が列挙されている。初公開リミックスや未公開音源からのセレクションなども、結構な数が含まれている。セット丸ごとで1ファイルになっていて Winamp で聴いても個別の曲名などは表示されないので、このセット・リストは必見。

    ちなみにこのサイト、JavaScript オンの状態で閲覧すると、季節と時刻によって背景のグラフィックや色調が変わるように作られていて、芸が細かい(時刻は英国時間に拠っている?)。マニュアルでも、各頁左上の「TIME」「SEASON」の見出し下の小さな四角をクリックすれば変化する。

  • 同サイト「CHAT」(実際は掲示板だが、書き込みの頻度は高い)では、レーベル設立者2人の一方 Xela(リンク先は同氏公式サイト、自身もミュージシャンでアルバム・リリースもあるようだ)がしばしば書き込んでいる。常連諸氏はどうやら地元のクラブ・イヴェント人脈(?)Default での彼の仲間たちのようだ。自レーベル所収の音楽に関連が深いアルバムやミュージシャンについて活発に情報交換が行なわれている。投稿を立ち読みして、言及されているサイトに飛びサンプル音源を聴いてみるだけでも、かなりおもしろい。

  • レーベル設立者のもう一人、Aeiou(リンク先は同氏のデザイン事務所(?)のサイト)の選曲とミックスは、本稿執筆時点で3セット聴くことができる。どれもとても気に入ったのでもっとないか探してみたところ、上述の Default のサイト内「Audio」アーカイヴにさらに3セット収録されていた。レーベル公式サイトではデッド・リンクになっている「Aeiou: Type Sampler」は、こちらから聴けるものとたぶん同じか。これも全体に静かで優れたミックスです。この Default のアーカイヴからも一部はダウンロード可能。

  • 〔04年12月19日追記〕 Webjay(関連拙稿1, 2, 3)でプレイリストを作ってみた:

    です。リンク先へ飛ぶと、リストが現われます。ページ左やや上の「play page」ボタンが描かれている四角い枠のところ、ボタン右横のプルダウン・リストで音源プレイヤーを選んでからボタンを押すと、自動的に選択した音源プレイヤーが起動してこのプレイリストをダウンロードし、演奏が始まります。

category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。