スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

ebtg “新”リミックス盤制作中

Everything But The Girl (ebtg) の公式メイリング・リスト、truefansebtg(不定期刊)の10月22日付号によれば、2005年2月ごろのリリース予定で、新たなリミックス・アルバムを現在制作中とのこと。

収録曲は1994年から2005年(!? しかし以前に関連拙稿でもふれたとおり、オリジナル・アルバムは1999年発表の Temparamental 以降出ていないのだが……)の間に発表されたものから選択されるそうで、2枚組を予定の由。

ML 当該号は、メインの記事は House Music Awards(要 Flash)という、ハウス系(と呼ぶのが果たして適切なのかどうか)音楽のミュージシャン・DJの人気投票(?? 未詳)にノミネイトされた Ben Watt 関係の部門賞へ投票してくれれば嬉しい、というものだったが、末尾に「すでに ebtg 公式サイトで告知のとおり」新しいリミックス盤を云々、とあって驚いた。

改めて確認してみると、公式サイトは表面上は以前と何も変わっておらず、肝腎の「告知」は掲示板 (Forums) の公式アナウンス(Mission Control)セクション内、標題どおりの9月30日付「NEW MESSAGE FROM BEN | SEP 30 2004」にあった。掲示板管理人(実際に Ben Watt 本人らしい)名義の投稿。(そもそもこの掲示板の在り処自体がとてもわかりにくいので、当該記事URLを挙げる:http://forums.ebtg.com/viewtopic.php?t=226)

掲示板に投稿されたこのアナウンスの内容は、単なる(或る意味ではまたまた焼き直しの)新譜告知にとどまらず、なかなか切実でかつ心温まる。文中で Ben は「ebtg はとうの昔に終わっているのに、どうしてまだ続けるふりをしているのか」等々の批判・非難に正面から答えている。子供が生まれてから行なった1998年から2000年にかけてのツアーとレコーディングが実に大変で、家庭と音楽活動のどちらかを犠牲にしなければ立ち行かないと痛感したこと、したがって長期にわたる ebtg としての活動休止という現状はあくまで Tracey Thorn の意思を尊重した結果で、Ben が無理やり彼女を家に閉じ込めているなどの中傷はまったく当たらないこと、を強調している。そして最後に、Tracey の近況と彼女の心境(Ben と3人になった子供たちとの家庭生活をしっかり維持することに専心している、曲作りや歌うことへの関心は当面の間、またもしかしたら今後ともずっと(原文:permanent)自分の裡にはない)を紹介し、彼女が元気で暮らしていることを伝えている。

もっとも、その後の“ファン”からのレスポンスにはかなり冷笑的で辛辣なものも含まれている。いずれにせよ、新譜は出てもオリジナル・アルバムは今後とも当分おあずけ、ということのようだ。なお、ML 当該記事によれば「公式ウェブサイトも再構築する予定」とのこと。

category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(2) |
Tracey Thorn 1曲だけ新規吹き込み?
ebtg 公式サイトが完全リニューアルされた。どうやら新リミックス回顧盤 Adapt or Die: Ten Years of Remixes のリリースにタイミングを合わせたようだ。ページ左上の「or ENTER HERE」から要 Flash でサイト内へ。この“新譜”からのものと思われる音源が自動的に流れる。大
from Night rain, in winter... | at 03:19 on 2005/03/19 |
ebtg リミックス回顧盤“新譜”続報
昨年(2004年)末に「そういえば」と思い出して更新通知サービスに登録しておいた Everything But The Girl (ebtg) 公式サイトが昨夜(2月3日)あたりにアップデイトされたようで、画像ファイル1枚のみになっていた。以前の
from Night rain, in winter... | at 01:33 on 2006/08/04 |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。