スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

Tears For Fears: "Everybody Loves A Happy Ending"

Tears For Fears(TFF)が、9月14日付で標記のアルバムをリリースした。独りでバンド名を維持して2枚のオリジナル・アルバムを作った Roland Orzabal のもとへ、喧嘩別れした Curt Smith が復帰するかたちでの“再結成”。

意図したわけではないが、本稿はまたもや10年ほど新譜を出していなかったミュージシャンの話になってしまう。こちらは1994年の前作からちょうど10年ぶりに新作を出した Bark Psychosis(以前拙稿でとりあげた)よりもさらに古顔で、デビュウ・アルバムは1983年に出ている。

新譜は……水準以上、期待未満の出来だ、と敢えて言おう。このバンドのキャリアや実績を考えれば、これくらいの作品はできて当たり前で、そのかぎりではハズレではない。しかし本作を今までの何枚かのアルバム同様に、文字通り聴き飽きるまで長い間くり返し聴くかといえば、答はたぶん否定的だと感じている。現に、溯って旧作を続けて聴いてみて、残念ながら早くも新譜のもつノヴェルティが霞んできている。歌詞が晦渋に過ぎる(と私には思える。正直なところ大半の曲でほとんど何を歌っているのか理解できていない)のも嬉しくない。

それでも、新譜プロモーションでメディアに露出している Orzabal と Smith(余談だが、最近の彼らの顔立ちは、(順に)本田博太郎・Christopher Walken をどちらも(かなり)ふっくらさせた感じ、に見えた……一旦そう見てしまうとそれが頭から離れず、つい笑ってしまう)が二人で楽しそうに演奏しているのを目にして、こちらの心も温まる。ツアーも行なわれるようだ。成功とそれがもたらす歪みを一度味わい、分裂まで経験した彼らは、おそらく今後はもっとうまくバンドをコントロールするだろう。再結成による“復活”が、今後長い間にわたって豊かな実りを我々聴き手にももたらしてくれることを祈りたい。

私自身は、bryan さんのウェブログ音楽とか本とかネコとかを記録するよ、今年(04年)2月23日付記事「Seeds of Love」で、TFF の再結成と新譜について初めて知って以来、期待してリリースを待っていた。記して感謝します(以下に若干関連することも書いたので、古い記事宛で恐縮ですがトラックバックも送ります)。

また、検索エンジン経由で拝見したなかで、SHIRO さんがご自身のウェブログ彩音にて「TFF 『ELAHE』全曲レビュー その1「Everybody Loves A Happy Ending」」以下、力作レヴュウをアルバム全体にわたって書いておられる(本稿執筆時点で6曲目まで。継続中)。卓見と詳しい情報満載で、大変参考にさせていただいた。同じく記して感謝し、トラックバックを送ります。

以下は、毎度恐縮ながら TFF にまつわる個人的な話です。

傑作 Seeds Of Love まで

ごく最近になってようやく知った Bark... の場合と違い、TFF はデビュウ当初から聴いてはいた。当時、音楽を通じて親しかった友人にこのバンドを好きな人がいて、彼がこの1枚目 The Hurting をLPからダビングしたカセットで貸してくれた。特異なポップ・センスにやや惹かれたが、全体的にはちょっと弱いなと感じた。

バンドはその後、1985年に出た2枚目 Songs From The Big Chair で、"Shout""Everybody Wants To Rule The World""Head Over Heels" とシングルを切って立て続けに世界的ヒットを飛ばす。いい曲を書いてギターもよく鳴らして編曲も巧い、「売れるのも当然か」というのが当時の自分が抱いた感想だった。決して否定的にみていたつもりはないが、改めてこれといって強烈に魅力を感じたわけではなかった。

このバンドを見直したのは、別の友人がリリース直後に「絶対のお薦め」と言って聴かせてくれた3枚目の The Seeds Of Love (1989) だった。アルバム冒頭の曲 "Woman In Chain" がもつ力は或る種圧倒的で、まだ無名でソロ・キャリアをほとんど持たなかったゴスペル・シンガー Oleta Adams(リンク先は彼女の公式サイト)の力強い歌声と、淡々とアルペジオで弾かれるエレキ・ギターとが、サンプリング(による?)・ストリングスとキーボードのバッキングが作る抜けて広がるような音の空間に響き渡る。アルバム全体に、TFF(の、おそらくは主に Orzabal のほうだろう)が(音楽面での)ビートル・マニアであることが、私のように通り一遍の Beatles 聴きにも判然とするところ多数。しかし厭味にはなっておらず、またそれだけにとどまっていない、独自の音楽を創ることに成功していると思う。このアルバムは紛れもない傑作だと思うが、商業的には前作ほどには成功しなかったのだろうか(かなり不確かな記憶による記述)。エア・プレイもあまりなかったように思うし、そもそも友人が私に薦める時「TFF なんてもう誰も聴いてないと思うだろう?」と口を切ったのだった。

改めてこのアルバムの参加ミュージシャン・クレジットを見ると、ドラムに Phil Collins や Manu Katché、1曲だけだがトランペットに Jon Hassell など、相当豪華な顔ぶれであることに今更ながら気づいた。くり返しこのアルバムを聴いていた当時から、ブラック・ミュージックの影響が色濃いわりには粘らず切れ味が鋭くてやたらに演奏がうまいな、とは感じていたのだが……。

同じく余談だが、この "Woman In Chain" を聴くと、Sting の名曲 "They Dance Alone"Nothing Like The Sun (1987) 所収)を思い出す。どちらも圧政や抑圧下におかれた女性をテーマにした歌で、旋律も歌詞もいい。私自身に限って言えば、この2曲もまた、不意を衝かれてラジオから流れてきたりすると涙が出そうになる。

分裂後

3枚目を聴き込んだ後、しばらくして店頭で偶然 Soul On Board (1993) を見つけた。Curt Smith のソロ・アルバムで、(とくにロック関係の)音楽メディアを最早ほぼ完全に顧なくなっていた自分は、それを買ってきて聴いてみて、TFF が分裂したらしいことをようやく知った。出来映えにはまったく感心しなかった。Smith 自身もこのアルバムは大嫌いのようだ(Smith 自身の公式サイト、本作の頁には、「『ファン:このアルバム大好き』 『Curt:〔そりゃ治さなきゃマズいな〕、それには治療法があるんだよ』」とある)。

他方、TFF 名義で同じ年に Elemental がリリースされた。こちらは前作に続いてすばらしい内容で、私は今でも非常に高く買っている。愛聴した The Seeds... と較べても、聴いた回数はこちらのアルバムのほうがおそらく多い。Orzabal の高音域で伸びるヴォーカルと、でしゃばり過ぎずコード・ストロークやアルペジオとリード・パートとを弾き分けるギター、彼が書く音楽が自分の肌に合うのだろう。歌詞はシニシズムと一種の苛立ちに満ち満ちており、音も相応に鬱屈しているが、それが内面にのめり込んだだけの自己満足に堕していない。すぐれたメロディと編曲に載せて、みごとに昇華されている。とくにキーボード類の扱いはきわめて巧みで、ギター中心で全体をぐいぐいと引っ張るかたわら、すっきりと且つ実に効果的にシンセサイザの音が使われている。また、このアルバムの最後を飾る曲 "Goodnight Song" は、歌詞は辛辣でも旋律が比類ないほど優しい、ギター・ポップの名曲だ。

TFF が Orzabal のソロ・プロジェクトになってから2作目、TFF 名義では通算5枚目の Raul And The Kings Of Spain (1995) もまた、良質のアルバムだった。ただ、巧緻な音作りと曲の良さは変わらないものの、どこか行き詰まった印象を感じさせる。そのせいか、自分は The Seeds...Elemental ほどにはこのアルバムを聴き込んでいない。いま聴き返してみてもいいメロディの佳曲ばかりなのだが、なぜだろうか。全体としてはギター中心のアルバムで、Elemental ほど手の込んだキーボード類の使い方はしていない。

新譜を聴いてから、Orzabal が TFF 名義でなく Tomcats Screaming Outside (2001) というソロ・アルバムを出していたことを知った。迂闊。未聴。公式サイト「History」には、このソロ作品の米国リリースが、同時多発テロが起こった同年9月11日だったとある。

Smith に関してもソロ1作目以後の活動は一切知らなかった。Mayfield というバンドを、生活の拠点を移した米国で結成してアルバムも制作・リリースしていた由。

A happy ending... and more to come?

今回の新譜に対する印象は冒頭述べたとおりだ。たぶんこのアルバムが自分の裡で今後占めることになる位置は、直前にふれた Raul... と似たものになるだろうという気がする。良質、いいアルバムだ。ビートル・マニアぶりも堂に入っている(今作は、The Seeds... が Lennon だったのに対して McCartney だそうだ)。聴いていて思わずニヤリとする。ただ……。

いや、それでも……これもまた本稿冒頭のくり返しになるが、やはりこうして新しいアルバムが出たことを喜んでいる。メンバー二人がお互いに刺戟しあってバンドとしての生命力が甦り、ここからまた傑作が出来そうな予感を感じさせる。Raul... との違いはおそらく、新譜が行き詰まりではなく新たな出発点になりうる、ということではないか。

----------

  • TFF 公式サイトは、新作カヴァの雰囲気そのままで美麗だが、要 Flash。凝った画像が動くのは結構だが、一度見てしまうとその後はかえって煩わしいだけだ。私が買った新譜米盤には歌詞は掲載されていないが、SHIRO さんが書いておられるように、公式サイト・トップから入った画面下端の「Discography」から読める。

  • 公認ファン・サイト tearsforfearsfans.com では、最近の新譜プロモーションでさまざまなTV番組に出演、演奏している TFF の映像クリップを視聴可能。私が観たかぎりでは、「The Today Show (part two)」での "Everybody Wants To Rule The World"、New York のビル街でのライヴ演奏、同じく同サイトからのリンク先『Rolling Stone』誌でストリーミング視聴できる、ほぼアコースティックな楽器編成のスタジオ・ライヴが良かった。

    なお、この公認ファン・サイトのバンド関連情報はかなり充実している。ただし歌詞が一部で曲丸ごとなぜか欠落、新作の歌詞はすべてバンド公式サイトへ参照(これは仕方ないだろうが)、ディスコグラフィに演奏者・作詞作曲クレジット記載なし……等々、より一層の充実を望みたいところもある。

  • 日本語によるファン・サイト。DOGGETT さん(御名前はメール末尾の署名による)の「Tears For Fears Page of FAR EAST」。非常に優れたアルバム・レヴュウ、バンドに関する貴重な(一次?)情報多数。本稿からのリンクを即日ご快諾いただいた。ありがとうございました。

  • 同じく日本語によるファン・サイト、JULIAN さんの The Bible of Dreams。アルバム全曲レヴュウのほか、「TTF 人名辞典」(本稿執筆時点でβ5版)は非常に興味深い情報多数。

  • 長年のブランクが響いているのだろう、上掲公式ファン・サイト、リンク集頁にリストされているサイトには、残念ながらデッドリンクが多い。今後さらに参考になるサイトが見つかれば、追記したい。

category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。