スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

靭い声:Rachael Yamagata "Happenstance"

ストリーミングを聴き始めてから国内FM放送をほとんど聴かなくなったせいで直接は知らないが、Rachael Yamagata という若い女性シンガー・ソングライターは、どうやら最近さかんにエア・プレイされているらしい。今月初旬にプロモーションのため来日していたそうだ。ご本人の日記(公式サイト(要Flash)の「Journal」04年9月13日付)によると「3つの地震と台風ひとつ」に襲われる間、「驚くほど効率的に組まれた」スケジュールに従って日本各地のFM局・CDショップでインタヴュウや店頭ライヴなどをこなした由。もうちょっと早く知っていれば、生で数曲聴く機会を得られたかもしれない。

標題に掲げた Happenstance (2004)は、アルバム全体としてまずまずの出来映えだと思う。きわめてまっとうな(アメリカン・)ポップス。ソロ・デビュウ以前は、米国シカゴで活動するブラック・ミュージックの影響を色濃く受けたというバンドでピアノやコーラスを担当していたそうだが、真っ黒という印象は、このアルバムを聴くかぎりではさほど強く受けない。何曲かは共作だし(さらにそのうちの何曲かは歌詞も?)、編曲の面でもスライド・ギターや管楽器、さらにはチェロを使ったりして、通して全篇を聴くと、さまざまな可能性を探ろうとした感じがする。それが“為にするヴァラエティ取り揃え”になっていないのは、プロデューサの手腕か。ただし基本的には、独学だというピアノでリフを作りながら書いたな、という曲が多い。

歌詞はほとんどがラヴ・ソング。「私は自分の道を行く、いい結果が出ることを祈りながら/私たちは背中を軽く叩き合って、二人のためにベストは尽くしたと口にすることもできる/もし私たちのどちらかが成功したら/別れたことをせいぜい悔いて/愛情は決してなくならないと語り合ってもいい/でもあなたも私もわかっている/私が去り、あなたがそこに留まったわけを」と歌う、11曲目のピアノ・バラード "Reason Why" は、なかなかいい。

ちょっと掠れた太めの声に、個人的にかなり魅かれた。この声は靭(つよ)い。自ら書いている歌詞にも似た側面が垣間見られるように、なよなよしておらず一本芯が通っている。あとは曲と詞でどこまで独自の世界を創れるか。まだオリジナル・アルバム1枚では早計かもしれないが、このヴォーカルさえあれば今後に期待できる気がする。低音域を印象的に使うピアノ伴奏も個人的に好きだが、最近になってギターで曲を書き始めたとのこと。

----------

お目汚ししてしまったとおり、Rachael Yamagata の歌を聴いて思ったことを全然うまく書けていない。彼女の音楽がもつ魅力をはるかに広いパースペクティヴのもとで紹介しており、個人的には自分が最初に彼女のことを知ったきっかけ、Oliver Wang さんによるウェブログ soul sides、04年9月3日付エントリ「MOMENTS WITH RACHAEL」(英文)をぜひご一読ください。

なお Oliver Wang さんのこのウェブログでは、記事投稿から10日間はとり上げたミュージシャンの曲をいくつか mp3 ファイルで試聴可能だが、拙記事が遅れたせいで Yamagata の音源サンプルについては既に失効。上掲記事冒頭で紹介されている Rachael Yamagata EP (2003) 所収 "Collide" を聴いて私はCDを買った。肝腎の EP はしかし発注先で入荷が遅れ未着。

以下は、検索エンジンで見たもののうち、主なリソース:

  • 上掲公式サイトでは、音質はよくないものの数曲を「Listen」にてフル試聴できる。歌詞は全曲掲載。同頁右下には「hear rarities and b-sides」で5曲(本稿執筆時)の演奏が聴けるページへのリンクもある。

    「Press」を見ると、ティーン向け雑誌から男性誌まで、実にさまざまなメディアに露出している。グラビア込みで記事になっていることが多く、ご苦労なことだ。Chicago Tribune 紙の04年6月16日付インタヴュウ「Star gazing: Chicago singer Rachael Yamagata sets her sights high」(Matt McGuire さん執筆)にもあるが、本国アメリカで Yamagata と契約したレーベルは相当力を入れて売り込んでいるようだ。

  • おそらくプレス向け資料を翻訳してそのまま使ったものだろうが、日本盤発売元の当該ページには、自筆バイオグラフィ・自作全曲コメント・参加ミュージシャンのリストが掲載されている。自筆バイオグラフィに関しては、Auralgasms の Rachael Yamagata 頁、「Biography」所掲のものが原文と思われる(英文は一部段落が錯綜している)。Auralgasms にある mp3 サンプルは部分のみだが、音質は公式サイトのものより良好。

    なお、私が購入したのは米国盤で13曲(+ 隠しトラック1曲)収録。いっぽう本国から3カ月遅れの9月8日発売日本盤は例のごとくボーナス・トラック付きで、一部 Rachael Yamagata EP から採っているようだ。国内盤発売元が "Ode To..." としている曲が隠しトラックか。

  • Auralgasms の「Links」頁で紹介されている、写真家 Jasper E Coolidge さんの jenyk.com 内、2003年9月のライヴ・フォト

  • 上でふれた「ギターで作曲するようになって」云々は、山野楽器のウェブサイト内「Jam Spot」、同本店でのインタヴュウにおける発言。

category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(2) |
Rachael Yamagata 新スタジオ・ライヴ@KCRW
毎度のことで旧聞になってしまい恐縮だが、先月上旬、KCRW "Morning Becomes Eclectic"に、Rachael Yamagataが約1年ぶりに出演していた(→関連拙稿1、2)。新しいスタジオ・ライヴが追加されている。音声のみ・映像ありのいずれでも視聴可能。2005年3月10日放送、
from Night rain, in winter... | at 02:56 on 2005/04/04 |
KCRW(在米国・カリフォルニア州サンタ・モニカ)
標題にはこれまでの拙サイトでの慣例に従って局の所在地を付したが、少なくともインターネット上でのプレゼンスに関するかぎり、この局の人気はローカルに限定されていない。熱心なリスナーが世界各地に多数いるようだ。
from Night rain, in winter... | at 01:46 on 2006/08/04 |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。