スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

Barry Eisler 『雨の影(Hard Rain)』

なんとなくハードボイルド小説かと思って読んでいた。しかし、著者の処女作『雨の牙(Rain Fall)』とこの2作目とを続けて読んだ後に著者ご本人のサイトを訪れて、そこに掲載されている本国米国で出た書評を読むと、どうやら大概“スリラー(thriller)”に分類されているようだ。まあ、この場合ジャンル分けを云々してもあまり意味はないし、文芸批評ではおそらくほぼ確立されたハードボイルドの定義があるのだろうが、たしかに探偵は出てこない。だが文章は辛口だ。

主人公はジョン・レイン(John Rain)、一匹狼の殺し屋。日本(父)と米国(母)のハーフ、ヴェトナム戦争時の米軍特殊部隊出身、「奇跡の二パーセント」のひとり:

レインは、日本人と白人(と思われる)のハーフだが、生まれついた容貌は日本人だ。ヴェトナム戦争後にプロの殺し屋となってからはさらに整形を施し、自らを“人々”のなかへ埋没させ没個性化することを行動の大原則としている:

もちろん、これはレインが飛び道具や爆発物、毒物などを使わず自然死あるいは病死に見せかけるかたちでの殺人を得意とするという作品での設定による、いわば“職業上”の心構えだ。だから作品の裡で必然性を持つ。しかしこれにとどまらず、レインが文字通りほとんどどこにも(国はもちろん、地縁・血縁・社会的なグループや社交、友人としての個人的なつきあいなど)帰属先をもたない、徹底的なまでの“aloner”であることは、彼が日本と米国のどちらの社会でも暮らしてみたがどちらからも心からの歓迎を受けることができないままとけ込むことを放棄した経緯や、彼が上で引いたように元職業軍人の“奇跡の二パーセント”であり、戦線敵陣後方での攪乱と情報収集という過酷で隠密の任務を遂行していた経歴などによって、さらに強調される。

どこにも属しないことを択んだレインにとって、彼が“職場”とした東京(そして第2作では大阪)や日本は滞留点のひとつに過ぎない。「だが」なのか、あるいは「それゆえ」なのか、レインの目を通して描かれる東京は、時に美しく、時に冷静につき放されて、さまざまな異相を露わにする。著者は約3年のあいだ日本に暮らし、日本企業に勤務した経験もあるそうだが、それにしても詳しく的確だ:

どこに居ても異邦人であるほかないレインにとっての慰めはモルト・ウィスキィとジャズ。両者がしばしば揃って出る場所はバー。公式サイトには、第1作『雨の牙』でとくに印象的な描写があるバーは、大阪所在の実在の店をモデルにしている旨の記述がある(「John Rain's World」参照)。

公式サイトに掲載/引用された書評でも、著者の文章の見事さに言及しているものは多い。一部引用された原著からの文章を読むだけでも、かなり表現に凝っているのがわかる。邦訳(訳者は第1作・第2作とも池田真紀子さんという方)は、おそらく原作の文章が湛える雰囲気を相当適確に日本語に移している。標題に反して、雨のイメージよりも圧倒的に夜、それも都会の夜の印象が強いが、じつに雰囲気がある。次回作はマカオから始まり、アジアと南米とが主な舞台となるようだ。3作目日本語訳の早期刊行に期待したい。

日本語訳の版元がソニー・マガジンズで、判型は文庫判(「ヴィレッジブックス」)。書店での(文庫)書棚の争奪戦がすさまじいのは周知のとおりで、新潮・講談社・中公・岩波・角川、それに早川と東京創元社はたいていそれぞれ専用の書棚があっても、これら以外はたいてい隅に追いやられている。これは完全に自分の怠惰のせいだが、縁あって愛読するにいたった特定の作家のものを除いて、雑然と置かれて或る意味で不当な扱いを受けざるをえない他の文庫収録の本を丁寧に見て、おもしろそうなものをみつけだすことはなかなかしようとしない。

自分にはなじみのない版元から出ているこの“Rain シリーズ”について私が知ったのは、いつも拝読している mi4ko さんのウェブログ、Still Life の「小説家のレシピ」という魅力的なカテゴリで公開されたエントリ「「雨の影」のリゾットが食べたい!」(2004年5月30日付)を通じてだった。本作で、レインが唯一の協力者として恃むハッカーに尾行がついている疑いが生じ、それを確認すべく詳細な行動指示を彼に与えて、レイン自身は監視する。監視場所に選んだ店でレインが食べた東京・恵比寿にある店のリゾット(『雨の影』pp.106–107前後)を自作する、という内容なのだが、いつもながらの見事(でこのエントリではおいしそう!)な写真とともに、同じくいつもの達者で歯切れのよい文章でこのシリーズにふれておられる。私の駄文と較べるのがそもそもおこがましい、格段に優れた紹介になっている。興味を持たれた方はぜひご一読を。

書誌は以下のとおり。なお、本稿標題にした第2作は、やはり第1作を先に読んでからのほうがいい。

  • バリー・アイスラー『雨の牙』池田真紀子訳(2002年1月、ソニー・マガジンズ(ヴィレッジブックス)、426頁、本体価格760円)

  • 同『雨の影』池田真紀子訳(2004年1月、ソニー・マガジンズ(ヴィレッジ・ブックス)、496頁、本体価格800円)

以下、ちょっと不満な点をいくつか。

率直に言って、いろいろ食い足りないところは残る。随所で主人公の風貌が日本人そのものであることが強調されるが、米国人の作品であることがどうしても頭に残るせいなのか、読んでいて思い浮かぶのは少なくともモンゴロイドではない姿だ。これで私が白人に生まれ西洋で暮らし、英語でこの作品を読んだ場合を考えてみるのだが、そうすると逆に今度は吊り目・黒髪で彫りの浅い顔つきの典型的な“Japanese”を思い浮かべていたかもしれない(ただし、これはこれで著者の意図が十分に達成されたということになろう)。

図式化のやり過ぎを思わせるのは、レインが多大な影響を受けている武士道/武道への言及にも出ている。著者は講道館柔道の黒帯だそうで実体験の裏づけがあるのだろうが、しばしば観念的に流れすぎている気がする。(比較にはならないが、私は高校時代まで武道をひとつ習っていた。武道そのものが、語るにあたってはすべて観念化するというツッコミは、この際なしに願う)

第1作・第2作では日本という国に巣食う巨悪の黒幕として一人の人物を描き、また主人公は第1作ではこの人物と直接対面している。しかし巨悪の元締めのわりにはさほど怖ろしさも人間的な底知れなさも感じさせない。また、自然死に見せかけたレインの暗殺手法も、実際に披露されるのは第1作の冒頭と末尾、第2作では冒頭のみ。あとはどちらかというと筋肉勝負、肉体対肉体の格闘だ。

反面、2作目では戦争と殺人をめぐる主人公の思考はさらに深みを増している。そして上述のとおり、著者の文章は読ませる。今後の展開を本当に期待している。

----------

  • 上掲、著者公式サイトの「BARRY EISLER」。日本語コンテンツもあり、そこでは国内で出た書評のいくつかが紹介されている。

    英語コンテンツの「Reviews」ページでは、本稿執筆時現在で、つい先日(7月26日)に本国でハードカヴァ版が出た(らしい)第3作 Rain Storm の冒頭1章分(24頁)がPDFで読める。第1作・第2作の第1章PDFファイルへのリンクは不達。残念ながら刊行されると削除される(?)ようだ。

  • 著者が京都丸善で行なったトーク・ショウ(2002年1月20日)の模様を、「WEB 本の雑誌」、「特別企画バックナンバー --> 茶木則雄vs新人アメリカ作家のトークショーを見てきた」で読むことができる。

  • 〔04年10月1日追記〕Robet B Parker(→関連拙稿)のウェブ上リソースを探していたら、Bill Thompson's EyesOnBooks という(北米の)多数の小説家・著者の肉声インタヴュウが音声ファイルで聞けるサイトがあった。Barry Eisler もこの頁で『雨の影』について語っている。戦争など“お墨付き”の大量殺戮と、暗殺をはじめとする犯罪としての殺人との違いは何かなど、短いが興味深い話題にふれている。〔04年10月1日追記終〕

category: books | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。