スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

BlueMars/CryoSleep ストリーミング再開

うっかり見過ごしていた……(恥)。標記のとおりです(嬉)。

世界中に熱心なリスナーをもっていたアンビエント音楽中心のmp3ストリーミング放送局 BlueMars/CryoSleep の復活を報せるメールが、先週末の土曜日(2004年7月3日)午前11時半過ぎに、同局を主宰する lone さんから届いていた。1年半強ぶりの放送再開とのこと。

このストリーミングの番組内容については、よろしければ2004年1月26日付拙稿「mp3ストリーミング:BlueMars/CryoSleep」もご笑読ください。放送再開のメールに気づいたのが本日朝のことで、まだじっくり聴くことができていないが、どうやら選曲の方向性には大幅な変更はない模様。

また、この長期にわたる“停波”により生じた空白を穴埋めするべく、放送中止以前の BlueMars と CryoSleep の2波に加えて、第3のチャンネル「Voices From Within」を新設した由。従前の同局公式サイトに新しく付け加えられたバナーには、結跏趺坐で瞑想するシャカらしき浅黒い肌の人物が描かれている。こちらは(しばらく聴いてみたかぎりでは)、日本・インド・チベットの仏教寺院での僧侶による読経(!)やブルガリア民謡、Sheila Chandra(リンク先は公式サイト、要Flashプラグイン)など、非西洋的な響きがする音を主に流しているようだ。

これら3つのチャンネルのプレイリストは、上掲の同局公式サイトの下方ナヴィゲィション・エリア内「Music history」から、参照時点から溯って約1時間分まで参照可能。ストリーム自体はその左隣の3つのリンク、あるいは“淋しげな宇宙飛行士”(と私が勝手に呼んでいる)BlueMars ロゴの左・右・下に配されたバナーをクリックすることで聴くことができる。

上掲拙稿にも書いたが、個人にとっては相当重たいネット放送での音楽使用料負担(米国内での使用料徴収システムの制度化・明文化)と、主宰の lone さん自身が多忙で番組制作に時間を割けなくなってきたとのことなど諸事情から推して、この局の復活はほぼ100%ないものと思っていた。嬉しいかぎり。

眠れずに過ごした深夜や明け方などにぜひ一度、聴いてみてください。

〔04年7月20日追記〕公式サイトも7月13日付で全面リニューアルされた。7月20日付拙稿をご覧ください。〔04年7月20日追記終〕

category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。