スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

1490 WBCB(在・米国ペンシルヴェニア州 Levittown)

標記の局 WBCB は、オンラインで聴くことができるローカル放送を探していた最初の頃にSHOUTcastのディレクトリで見つけた(現在、残念ながらmp3でのストリーミングは止まっている。たしか一時期はwma・ra・mp3の3つのフォーマットを同時に使ってライヴ・ストリームを流していた)。局の所在地は、米国東部・ペンシルヴェニア州の郊外住宅都市(後述)レヴァタウン(と聞こえる、原綴:Levittown)。放送を聴いているとわかるが、完全に地元密着型の中波局のようで、同局の公式サイトには「WBCB sends that local feel over the air(WBCB は懐かしの地元気分を電波に乗せて)」という、自局をとり上げた新聞記事のスキャン(出典が明記されていないが、地元紙 Philadelphia Inquirer に載ったもののようだ)が控えめに掲げられている。

Local feel over the air

今でも時々は思い出したように聴いている。放送のかなりの部分は(定番のというべきか、あるいは古めかしいというべきか)ディスクジョッキー形式が占めていて、流れる音楽は1950年代(だと思うのだが)からせいぜい1980年代くらいまでのアメリカン・ポップスがほとんど。とくに現地時間の深夜(日本時間の夕方から夜)には、オールディーズがほぼノン・ストップで流れることが多い。現地時間の昼間にはトーク・ショウが中心で、それも時々聴いてみるかぎりでは、地元や近郊の住人たちからのコール・インでの電話の中身もDJが扱う話題も、いかにも比較的豊かな米国東部の穏健で平和な雰囲気を思わせるものが多い。実際に聴いてみたことはないが、番組表では日曜日にはきちんとキリスト教の Church Service 関係の番組もあるし、NFLの(アメリカン)フットボール(近郊の大都市フィラデルフィアは Eagles がフランチャイズしている)から地元の高校レベルまで、スポーツ関係の番組もかなりの品揃えのようだ。

聴いていて(あるいはただぼんやりと流しておいて)、なんとなくほっとできる。流行の最先端を行くような音楽は全然流れないし、ほぼ毎正時のニュースもシンディケイトした USA Radio Network など全国レベルのもので、その点とくに際立った特徴はないと言っても構わないだろう。ウェブサイトを見ても、お世辞にも垢抜けているとは言えない。でも逆にそういったところがいいのかもしれない。電波出力が1kwと低いためサービス・エリアがさほど広くないだろうから、コマーシャルは当然ほとんどが地元の商店や自動車ディーラー、それに病院(! アメリカの放送では、ラジオ・テレビを問わず弁護士と医者(と占い師/霊能者(psychic))のCMがたくさん流れるのに驚く)などのもの。ローカルな雰囲気に満ちている。局名アナウンスは随時「1490 WBCB(フォーティーンナインティ、ダブリュビースィビー)」などと出る。

「ローカルな雰囲気」といえば、このラジオ局のディレクター兼ディスクジョッキーでもあるという Paul Baroli Jr さんが参加する地元バンド、The Levittown Highlanders のオリジナルご当地ソングのCMも、最近ときどき流れている(アルバムが完成したとのこと)。「Levittown blues...」という歌詞のリフレインがある売出し中(?)の曲は、実はブルーズではなくてロックンロールだが、DJ名を「Big Kahuna」という Paul さんは、バンドの公式サイトのプロフィールによればアメリカに多い Deadhead(Grateful Dead という長い歴史を誇るバンドの熱狂的なファン)のようだ。

放送のライヴ・ストリームへは同局サイトの「Listen Live」のページから。Windows Media Audio 形式なので、ストリームへのリンクをクリックすると Internet Explorer からであれば Windows Media Player の小窓が出て自動的に接続され、番組が聞こえてくる。サーバは概して安定しているようだ。この局のストリームは、ほかの多くのラジオ局のそれと同様にビットレイトが16キロビットと低いので高音質は望めないが、逆にこのためにAM放送のそれこそ“懐かしい”音にちょっと似た鳴り方がする。放送スケジュールは同じくサイトの「Schedules」から参照可能。

ちなみに、ローカル放送を聴くときには時差の計算が案外面倒ですが、私は time and date.com で、日本・北米の東海岸と西海岸・英国などいくつかの地点を登録(ブラウザのCookie利用のためログイン不要)のうえブックマークして、一覧で見られるようにしています。

以下、大幅に脱線。

Levittown という町

地図(リンク先は TerraServer USA で Levittown を中心に表示)を眺めると、WBCB が在るのはフィラデルフィアの北東約40km。デラウェア川(リンク先はDellaware Valley Outdoorsの釣りスポット(?)地図)が、その下流で南東から南西へ向けて大きく屈曲する一帯の内側に位置している。

米国には、夥しい数の同じ名前の町が各地に散在しているが、Levittown という名前を冠した町は、米国の著名な住宅用不動産デヴェロッパー Levitt & Sons の経営者の苗字から名づけられたそうだ。この William Levitt という人はかなり有名なようで、『TIME』誌の「Time 100: The Most Important People of the Century」(『TIME』が選ぶ20世紀の著名人100人)でも記事になっているし、Wikipedia の同氏の項では、「現代アメリカにおける郊外住宅都市(suburbia)の父として広く知られている」としている。WBCB があるペンシルヴェニア州のこの町は同社が二番目に開発した住宅都市で、ほかにニューヨーク州ロング・アイランドと、ニュー・ジャージー州ウィリングボロ(Willingboro、後にこの元々の名前に戻したそうだ)にも同名の町が在る由。

1952年にこの町の開発/住宅販売が始まって2002年には50周年を迎えたためか、関連する記念ウェブサイトが見つかる(たとえば Levittown, PA など)。なかでも Tom Krawiec さんの LevittownRelics というサイトには、新築成った戸建住宅を売り出した当時のパンフレット家主の手引き(Homeowner's Guide)が詳しく紹介されている。頭金の支払方法から家の外観写真、付属(?)品(作り付けの「スチール製キャビネット」や「容量6立米のGE製電気冷蔵庫」などなど)、あるいは北米では家持ちの頭痛のタネだとよく聞く「庭の芝生の手入れは怠けずに」その他の注意書きを読むことができ、1950年代当時のアメリカの“文化住宅”の在り様が垣間見られて興味深い。

米国に移住するわけでもないし、これといった観光の目玉がありそうな土地でもないしで、ちょっと調子に乗って手が空いた時間にいろいろサイト巡りをしていたら、上記のような思わぬところまで“行って”しまいました。この Levittown という町を自分が実際に訪れることはおそらくないだろうけれど、WBCB の放送を聴いていると、住み心地が良さそうな気がしてくるのはちょっとおもしろい。きっと、或る意味で典型的な“アメリカン・サバーブ”なのではないだろうか。

category: radio | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。