スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

ウェブ上で書くということ:BlogPeople 本日付ランダム・ピックアップ

御注意〕 本稿は、本サイトの前身(http://blog.livedoor.jp/moondial/)にて公開したものです。(→元記事にコメントを頂戴しています。ありがとうございました)

……たいへん驚き、嬉しく思い、かつ狼狽しているところです。ウェブログ/ブログとは名ばかりのこの拙いサイトへ頂戴する、コメント・トラックバック通知および関連メールの受信先を、自宅でしか確認しないアカウントに指定しています。このため、事の次第を理解したのはつい先ほどのことでした。自分の裡ではまだ動揺が続いています。

ご紹介いただいたのを機縁にわざわざご訪問くださった方々、ありがとうございます。

更新頻度がきわめて低い、エントリ総数も当然少ない、書く意志を仄めかしただけで果たせていない話題が散見する、単一のブラウザ(WindowsXP 上の IE6)によってのみ確認/対処しているためレイアウトに不具合多数、押さえておくべきことをしっかり押さえず書き始めたためインチキなHTMLマークアップ、等々……。ご迷惑をおかけしています。

拙記事それぞれの中身に関しては、いつも拝見しているモダシンさんことModern Syntax の nagasawa さんご指摘のとおり:

多分何かいているかよくわからない〔人が多いと思う〕

括弧による恣意的括りは引用者。部分引用で失礼します>nagasawaさん

ということになっているのでは、と恐れています。本稿冒頭で「狼狽」「動揺」と口走っているのはこのせいでもあります。

「書いた当人以外の他者の目にふれても、まあ笑って許してもらえる水準を目指そう」。読んでくださる方々には誠に失礼ながら、その程度の認識でポツポツと書いてはここに公開し始めて、3カ月余りが経ちました。このサイトは、自分の書いたものをウェブ上の人目にふれ“うる”ところへ出した、私にとっては最初の場です。このさほど長くはない間に、話題の狭さに基づいて自分で立てていた予想を超えるコメント・トラックバックを寄せていただきました。それは、月並みですが心躍るような楽しい、あるいはほのぼのと心温まる経験でした。

反面、つきつめれば自己満足と情報のつぎはぎに過ぎないとおそらく断言できる自分のエントリを、頻度は低いながらも人目にふれうる場所に継続的に置いておくこと(いくつかの記事は、検索エンジンで引くと最初のページにリストされていた時期があり、面食らいました)に何か意味があるのかと、しばしば考えていたことも事実です。おそらくこの疑問に答はないだろう、という気がしています(し、そもそもこんなことをつらつら思うのは、モダシンさんの炯眼のとおり私の性格のせいかもしれません)。

ただ、こうした疑問が心にまた浮かんできた最近1週間ばかりの週明け、このように不特定かつ自分の予想をはるかに超える多くの方々の目に実際にふれたことで、「ああ、どうしよう」と慌てふためいています。この動揺が収まるのに、どれくらいの時間がかかるものでしょうか……あ、これをエントリのネタにできるでしょうか?(笑)。

なお、末尾で恐縮ながら、別稿(元の拙稿URL は http://blog.livedoor.jp/moondial/archives/227880.html)で述べた事情、また、CSSにあれこれ手を加えているうちに Win IE6 で眺めてもこのサイトの見え方に自分の手に負えない不具合が出たこと、などの理由で、現サイトの移転をいまだ考慮中です。いざ移転の際にはお知らせを掲げるつもりですが、今後ときどきは覗きに来てやろうという方がもしいらっしゃいましたら、ご留意いただければ幸甚です。

category: backyard | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。