スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

Supertramp と人形

Rails ad Supertramp
  ルーディは行き先のない列車に乗っている
  旅の途中だ
  彼は到着したくないんだ
  まだ猶予が要るから
Supertramp "Rudy" から

人形作家・浜いさを氏の年譜、1976年の項目に「NHKテレビ ヤング・ミュージックショウ『スーパー・トランプショウ』で人形作品20点ライブ参加」とある。思わず納得した。

共演する人形たち

映像のディレクションのうまさも与っていたのだろうが、浜さんの年譜に出てくるこの番組を見てから30年近い時間が経過しているにもかかわらず、Supertramp の演奏と、バンドと「共演」した人形たちのこととは、ふたつながらに強く記憶に残っている。それほどこれらの人形たちの存在感は際立っていた。

NHK総合TV「ヤング・ミュージック・ショー」

ウェブでざっと検索しただけでも、NHK総合TVが放送した「ヤング・ミュージック・ショー」への言及はそれなりに見つかる(最も手際よくまとまった概略はここか? 1971年開始1986年終了で130回放送、80のバンドが登場したとのこと。この記述にある同番組「プログラム・ディレクター」波田野紘一郎さんのより詳しい職歴はここ。)

Rolling Stones から Earth Wind and Fire、甲斐バンドまでが放映された(日本のミュージシャンが出ていたのは、今回検索してみて初めて知った)ようだが、帯番組として定期的にオンエアされていたわけではなく、海外制作の既存の番組(ほとんどライヴ演奏の映像?)を買い付けてそのまま放映したものが多かったような記憶がある。もっとも、エアタイムは不定期どころかほとんどゲリラ的と言うべきで、残念ながら多くの番組を見逃してしまった。私が Supertramp を観られたのは、ほとんど偶然だったのだと思う。

日本制作のスタジオ・ライヴ

「ヤング・ミュージック・ショー」の Supertramp の回は、珍しく国内制作。しかも予めセットアップされた公演を映像に収めて編集したものではなく、(たぶん NHK 東京・渋谷の)TVスタジオに若干の数の聴衆を入れ、バンドが生演奏する様をきちんと捉えていた。

「共演する人形たち」は、このスタジオ・ライヴを映像化するなかで使われていた。カメラは、時に演奏しているバンドのメンバーをクローズアップし、時にスタジオ内の様々な位置に据え付けられた台の上に佇む人形ににじり寄っていく。バンドやMC(司会者はこの回にはいなかったように思う)による喋りはたしかほぼ皆無で、こうした映像の背後には常に Supertramp の音楽が流れていた。

文楽人形、あるいは Thunderbirds の SuperMarionation の人形と違って、顔の表情を変えることが(でき)ないこれらの人形たちは、それでも音楽を背景に、あるいは音楽とともにさまざまな表情を湛えていた。

Breakfast in America 以前の Supertramp

1979年リリースのアルバム6作目 Breakfast in America の世界的なヒットのために、売れ筋狙いのポップロック・バンドと認識していた/している人たちは案外多いかもしれない。しかし3枚目 Crime of the Century から爆発的に売れた6作目に至るまで、彼らの基本路線はほとんど変わっていない、と個人的には考えている。技巧や派手さに走らない音作り、同時代のさまざまな事柄へ十全に目配りしてシニカルに書き込まれた歌詞、そしてバンドとしてのまとまりがかっちりとしていること。

「ヤング・ミュージック・ショー」スタジオライヴでの彼らは、たしか "Babaji" (Even in the Quietest Moments (1977) 所収。個人的にはこのアルバムと上でふれた3枚目とが甲乙つけがたい)を演奏していた。番組の放映年時が1976年だったとすれば、アルバム制作中あるいはその前にすでにそのレパートリをライヴで披露していたのだろう。

ロックバンドには珍しく木管(とくにクラリネット)を実に効果的に使っていたこと、"Hide in Your Shell" での切々としたヴォーカル、たぶん彼らの最高傑作 "School" での映像の短いカット割りの連続と動きの多いライティング、などを今でも思い出すことができる。

ありきたりだが、無言の雄弁

そして物言わぬ人形たち。こうして好きなバンドのひとつにまつわる、印象深いことを書きとめておこうと思い立ち、漠然と辻村ジュサブローさん作かと思っていた「彼ら・彼女たち」が、ちょっと調べるだけで浜いさを氏という作家の作品群であったことがわかったのは、自分にとっては収穫だった。長年にわたり、折にふれて思い出しては出自が未詳だったせいで何となく居心地が悪そうだった人形たちが、これで自分の裡でようやく落ち着き所を得たような気がする。

----------

〔04年12月19日追記〕 その後、本稿で参照している浜いさを美術館(リンク先は同館本来のエントランス頁)主宰の Anne Boleyn Art Gallery 管理者様から、コメントをお寄せいただいた。

本稿はウェブ上で自分が書いたものを公開し始めた今年2004年のごく初期のもの(公開以前に何本か書いてみたため実質的な1本めだったかどうか判然としないが、ご覧のとおり公開したのはこれが一番最初だった)で……というのは言い訳にもなっていない。リンクを拙稿から張らせていただく際、正式に許可を得ないままこうして1年近く公開してきた。「リンクは自由に」とは明記されていない以上、本来こちらから公開以前に許諾をお願いすべきであったにもかかわらず、今回コメントを寄せていただき、別途メールにてお詫びと改めて許可をお願い申し上げたところ、ご快諾いただいた。改めて失礼の段をお詫びし、また事後承諾にもかかわらず快く許可をくださったことに対して、本稿でも重ねて御礼申し上げる次第です。ありがとうございました。

またその際、以下の注で画像は無断拝借できない(のでしていない)旨書いていることに関しても、とくに許可をいただいた。本稿に掲げるのがいちばんふさわしいのかもしれないが、できればしばらく時間を頂戴して、また稿を改めて浜いさをさんの手に成るこの印象的な人形たちについては書きたいと思う旨、返信申し上げた。

いずれにせよ、検索エンジンなどを経由してこの拙稿をお読みいただいた方には、「浜いさを美術館」を訪問されるよう、重ねてお勧めしたい。〔04年12月19日追記終〕

  • 浜いさを美術館。Supertramp のスタジオライブに「参加」していた人形たちは、制作年代から見ても自分の記憶のなかの影像と比べても、「作品展示」のページの1976年の作品によく似た作風だったと思う。

  • The Supertramp and Roger Hodgeson Chronicles。バンドに関する、ウェブ上の決定版リソースか?

  • 画像のオリジナルはwebinistaさん撮影。いつものサイトから頂戴した。リンク集に記載しておこう。

    浜いさを氏の作品の画像を拝借して掲示したいと思ったのだが、万が一権利関係にややこしいことがあると煩わしいので、興味をお持ちの向きは上掲リンクをぜひ参照されたい。

    〔04年12月19日追記〕……と本稿公開当初書いていたが、本文追記に記したとおりです。

  • 〔04年5月3日追記〕本稿公開後、下記のリソースがウェブ上にあることを知った。この「ヤング・ミュージック・ショー」の放映ミュージシャン/バンドのリストを、えねま亭(サイト・トップ)で、えねまさんが「YOUNG MUSIC SHOW LIST」として公開しておられる。ぜひ。

    また、昨夜(04年5月2日)23時10分からNHK総合TVの「NHKアーカイブス」枠で27年ぶりに放映された「ヤング・ミュージック・ショー」 KISS 初来日の武道館ライヴについては、雑感を別稿で記した。よろしければご笑読ください。

category: music | permalink | Comments(3) | Trackbacks(0) |
Comments
スーパートランプの人形
スーパートランプの事を記憶してくださってありがとう。
当時彼らは日本でまだ無名に近く出演料はゼロ。
ただし食堂の最も高い定食(千円程度)を提供するのが条件で出演してくれました。
撮影は夜の12時頃までかかり、そのため終電に間に合わない観客は帰宅し、スタジオには十数人しか残っていませんでした。
浜さんの人形はスーパートランプの音楽を浴びると俄に生気をおびてきたのを思い出します。
当時の日本の創作人形にはアメリカよりイギリスのロックがよく似合っていました。
| 波田野 (URL) | at 03:39 on 2008/03/22 |
[Edit/Delete (comment author only)]
貴重なエピソードをご教示いただき、有難うございました
波田野様

『ヤング・ミュージック・ショー』制作を担当していらした方から、拙文を契機として直接コメントを頂戴するのは、実に望外の喜びです。有難うございました。

上掲拙稿中にも書いたとおり、Supertramp の音楽と浜いさをさんの人形作品とは、私の記憶のなかでは分かちがたく結びついています。ほぼ30年という時間が流れた現在でも、あの時『ヤング・ミュージック・ショー』で、彼らの優れたスタジオ・ライヴを、演奏内容に劣らず秀逸な人形を配した、卓抜した映像化作品を通じて体験できたことを、真に僥倖だと感じています。


もし記憶違いでなければ、たしか私はこの Supertramp の回を、本放送と再放送の2度、拝見しています(……が、これは思い違いかもしれません)。

1度めは、拙文中にあるとおり、ロックの映像番組が本当に希少だった当時、“『ヤング・ミュージック・ショー』だから”観た、というつもりでした。しかし再放送の時は、初見で極めて強く印象に残った浜いさをさんの人形と Supertramp の音楽そのもの、そして映像と音楽との組み合わせがもたらした(と申すよりむしろ、波田野さんの映像制作のお力によって創り出された、とすべきでしょう)番組自体の魅力に惹かれて、ぜひもう一度観たいと意識して拝見した……ように記憶しています。

〔もしかしたら再放送の件が私の記憶違いかもしれない、と疑念が残るのは、放送から数年してバンドが大いに売れた頃、洋楽好きの友人と「『ヤング・ミュージック・ショー』の Supertramp の回は良かった」と話していて、友人が「権利の関係で、あの回は今後再(再々?)放送されることはないらしい、残念だ」と言っていたことも、記憶に残っているからです。この「噂」のようなものは、直接的には再放送の可能性を否定しないとは思うのですが、もしかしたら再々放送のみならず再放送もなく、本放送1度きり、だったのでしょうか……〕


しかしいずれにせよ、放送から四半世紀以上も経過してなお、こんな駄文を物す気になったほど、私にとって(そしてきっとかなり多くの、私とほぼ同世代の音楽ファンにとって)、あの『ヤング・ミュージック・ショー』は強烈な印象を残しています。こんなところで御礼を申すのはおかしいかもしれませんが、改めて、すばらしい番組を有難うございました。
| moondial (URL) | at 00:58 on 2008/03/26 |
[Edit/Delete (comment author only)]
YES
YESにも登場しているそうです。
| [anonymous] (URL) | at 13:25 on 2015/05/30 |
[Edit/Delete (comment author only)]
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。