スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

モウモウ先生の終身定期預金

辻まこと画パイプスモーカーイラスト

カテゴリ「pipe dream(パイプ・ドリーム)」第2弾。このカテゴリを作った時、念頭においていた。あまりにいい話だ(と私自身は惚れ込んでいる)ので、爾後これを基準に据えるとすれば、生半可なネタではエントリにできない気がして、先日は出し惜しみ(というか尻込み)してしまったのでした。

「あまりにいい話」と言い切れるのは、私ごとき凡人の持ちネタではないからで、以下は早川良一郎『けむりのゆくえ』(原著:文化出版局、1974年)というエッセイ集所収の一篇、「パイプは何本くらい持ったらいいのか……」から。この話自体は、パイプとも喫煙ともあまり関係がないので、愛煙家であるか否かを問わず、必ずや一読「ふむ……ほぅっ」とひと息入れていただけるものと思います。(この出色のエッセイ集と著者の早川良一郎さんについては、別稿を期す)。

預けっぱなし

本稿標題にいう「モウモウ先生」は、著者早川さんの愛煙家仲間のお一人。パイプの火皿から口から鼻から、煙を猛烈に上げるのでついた愛称とのこと。彼は自営の企業オウナー、対する早川さんは宮仕えの身。金廻りが違う。早川さんはこぼす、「私には養わねばならない妻子があるが、世はインフレ、貰うは安月給。この不如意を如何せん」。

モウモウ先生曰く:

「世界中のお金は自分のものだと思ったらいいでしょう。
ただ、定期預金なんですぐ使えない。ほかの人間に使わしてやっているんだ。そう思うだけで、なまじっかお金を持っているより豊かな気分になりますよ。」

「その定期預金、いつ満期になるんでしょう。」

「ならんでしょうな、それでいいんです。人間、自分の死ぬことは考えないで金儲けにアクセクしてるでしょう。アクセクは寿命に影響しますよ。だから、死後の定期預金をあてにしてあがいているようなもんです。それより世界中のお金はおれのものだ。ただ預けてあって使えない。ほかの人に使わせてやってる。そう思ってタバコをすってりゃいいですよ。」

先生は、またモウモウと煙を吐きだしていた。
まさか先生、煙をたべて生きているんではないかと勘ぐりたくもなってくる。

以下は蛇足。こういう話は、漢籍古典に出ていたような気もするのだが、出典の見当もつかず手がかりなし。もし類似の話をご存じの方がいらしたら、お知らせいただければ幸甚です。

それにしても、引用部分末尾の早川さんの「勘ぐり」のトホホ感は微苦笑を誘う。

前回のエントリから10日も空いた。流行の感冒(による胃腸炎)に罹ってダウン。いくら無精とはいえ、せめて1週間に1エントリをと心中期すところがあったのだが、早くも挫折。

この間お気に入りのウェブログを随時お訪ねし、諸所でコメントを残してお目を汚し、リンク先やトラックバック先、ブログロールをたどっては新たなサイトと出遭い、また安静にしている間、若干の本を読むことができました。自分には日記あるいは日録形式のウェブログ・サイトはできないなという思いを強くする反面、徐々にネタが発酵してくるのを待ちながら、ポツポツと書けたものを載せていき、知らぬ間になにがしかの堆積を成していればいいか、とも思っています。それにしてもペースが遅いか^^;

----------

  • このエッセイ集は最近の刊本としては『早川良一郎のけむりのゆくえ』という書名で、(残念ながら)原著の一部のみを読むことができる。五月書房刊、1997年、池内紀編・解説、1650円。「すぐれて」飄逸と言うべきか、著者のお人柄が全篇に横溢した好著です。

  • 掲げたイラストは、上掲書(原著から継承したものとのこと)所収、辻まこと画。「モウモウ先生」の話題とは全然関係がないのですが、これもまたお気に入りという一点で半ば無理やりに。

category: pipe dream | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。