スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

ヴァレンタイン・デイの贈り物

BBC News (World Edition) の 「Diamond star thrills astronomers」(ダイアモンドの星に天文学者はワクワク)経由で、おそらく元ネタの Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics(ハーヴァード・スミソニアン宇宙物理学センタ?)の「Valentine Roses and Diamonds」(ヴァレンタイン・デイの薔薇とダイアモンド)という素敵な記事を見つけました。

新たな2つの発見が、今年2004年の2月14日を、文字通り宇宙的な規模のヴァレンタイン・デイにした。〔上掲「Valentine Roses and Diamonds」の記事冒頭より〕

ひとつは、淡い緑色の花柄の上に薄桃色から赤へと変わる花びらをつけた、開きかけた薔薇のつぼみのような星雲の姿(画像をぜひ)を撮影したという話。もうひとつは、白色矮星の核に結晶化した炭素(つまりは巨大なダイアモンド)の存在が推定されるという論文が公刊されるという話題。

思い立って、本稿のカテゴリは pipe dream(パイプ・ドリーム)とすることにしました。この言葉は、元をただせば阿片中毒者が一服やる間に見る儚い(危ない?)空想/妄想を意味したようですが、カテゴリ名としては、プカリプカリとパイプを燻らせながら思い描くと、楽しくほぅっと心休まるような話題を……というほどのつもりです。

ヴァレンタイン・デイの2日前・1日前にそれぞれ出されたプレス・リリースを組み合わせ、スケールが大きくて洒脱な時節ネタに仕上げたこの研究機関の広報担当者、やるな……。もしかして、パイプ・スモーカーですか?(笑)

----------

category: pipe dream | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
Comments
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。