スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

Sigur Ros ライヴ@NPR

すでに各所で報じられているとおり、アイスランドの Sigur Rós(リンク先はバンド公式サイト。別サイトが英国ドメインにも)が去る日曜日、2005年9月11日にツアー中の米国、Maryland 州 North Bethesda で行なったライヴの音源が、NPR(National Public Radio)のサイトでオン・ディマンド聴取可能。

音源へのリンク、演奏曲目その他の詳細については、NPR サイト内、Iceland's Ethereal Sigur Ros in Concert 以下をご覧いただきたい。音源は、NPR が当日にリアルタイムでウェブキャスト配信したものと同じである由。上記頁セットリストによれば、全12曲、約95分。冒頭と終わり、それにアンコール前(78分付近)にステージの様子を伝えるアナウンスが入る。エンコードは RealPlayer の表示によれば176Kbpsで、音質は良好。リリースされたばかりの第4作 Takk からも数曲を演奏しているようだ。

Sigur Rós は、遅まきながら昨年の秋ごろに既発アルバム3枚を“大人買い”し、幾度か聴いてはいたものの、正直なところ世評ほどのものとも思えないでいた。上記で聴くことができるライヴも、最初からアンコール曲終結部の直前まで実に淡々と進行する。自分の耳が憶えているかぎりでは、スタジオ録音のアルバムで聴ける音とほとんど違いがないように思うが、このライヴはなぜか聴き応えを感じた。新譜を買おうか……迷う。

同じく上記頁から聴くことができるバンドへのインタヴュウ(約16分)では:

  • 新譜について: スタジオ入りする時には3曲しかできていなかった。

  • 20カ月に亙った制作期間に何をしていたのか: とにかく演奏し、録音して徐々に仕上げていく。時間がかかるのは、曲を作り上げていく過程で「これだ」と納得のゆく演奏ができるまで試行錯誤を重ねるため。

  • 火山が多く北極に近い母国アイスランドの風土は、自分たちの音楽に影響を与えているか: 火山の天辺に住み込んで曲を書いたり録音したりしているわけではないが(笑)、生まれた土地の影響というものはたしかにあるかもしれない。

  • アイスランド語で歌詞を書くことについて: 言葉としては伝わらないかもしれないが、自分たちの表現したいことは音でも伝えられると考えている。

  • ライヴでは実はあまり即興演奏をしていない。

……等々。

この音源が今後どの程度の期間、聴取可能かは未詳。今回のライヴ音源公開は、NPR の“オンライン音楽番組”(Online Music Show)と銘打たれた All Songs Considered の一環で、過去の音源も(ただしビットレイトを落として?)引き続き公開されているようだ。ウェブ上での特別企画であるため、今後しばらくは聴くことができると思われるが、興味をお持ちの方はぜひお早めに。

category: music | permalink | Comments(1) | Trackbacks(0) |
Comments
こんにちは
こんにちは☆シガーロス最高ですよね!
http://app.blog.livedoor.jp/noelg/tb.cgi/50020023
| ノエル (URL) | at 07:32 on 2005/09/18 |
[Edit/Delete (comment author only)]
Care to comment?














About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。