スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

ライヴで眠る:David Sylvian

もう2週間前の敗戦記念日、今年4月に来日し小規模のツアーを行なった David Sylvian(リンク先は公式サイト、要Flash)の東京・昭和女子大学人見記念講堂でのライヴをNHK-BSが放送した。もともとは同局が高精細度のハイビジョンで撮影し7月末に放映したものを、従来の映像形式に“降ろして”きたもののようだ。ハイビジョンは自分のところには視聴可能な機器一式がないので、2度目のほう、8月15日23時45分から始まる放送を楽しみにしていた。

……寝てしまった。最後まで観たのだが、途中はうつらうつらから、おそらくは最長でも1, 2分程度だろうがかなり深い眠りまで、幾度も居眠りした。この間の音の印象は何も意識に残っていない。放送当日のまだ明るい時間帯、それなりに体を動かして疲れてはいたのだが。

映像で見るかぎり、派手なライティング効果は使われなかったし、ステージには3人しか登場せず、各々がキーボードかドラム・シンセサイザ(?)、ノート・パソコンを操作するばかりで動きもほとんどない。しかも3人のうち1人は、ステージ奥に据え付けられたかなり大きいスクリーンに映し出す映像(音響も?)担当の高木正勝(リンク先は公式サイト)。ほかには David と Steve Jansen。高木の映像は随所で息を呑むような美しい瞬間を見せていた。反面、暗いステージにチラチラと光を散在させ、具体物と抽象図形の中間くらいの形定かではないものが次々と流れるように映る彼の映像は、誘眠剤のような働きを自分に及ぼしていたのかもしれない。演奏された曲目は、ほとんどが現時点での最新アルバム Blemish (2003) からのものだった。

こちらが居眠りしては目を覚ますことをくり返している間にも当然演奏は進み、最後にアコースティック・ギターの弾き語りで David がメッセージ色の強い歌を珍しく熱唱(彼にしては、の話だが)して90分の番組は終わった。制作に関わった人たちのクレジットも流れ、本腰を入れて作ったものだなという印象を受けた。一方で朦朧とした頭で、何かちょっと違うな、この違和感は何だろう、と思っていた。端的に言えば、悪い眠りだったのだ。

本稿標題のとおり、私は David の以前のツアー公演で眠った経験がある。大げさだが、このとき眠ったことについては演奏者に対する申し訳なさも自分に対する残念さも感じていない。まさに至福の一刻だったからだ。たかだか数分間のことだったが、この間の音はたぶんすべて聞こえていた。そういう状態を眠るとは言わないかもしれないが、意識を保ったまま私は眠っていた。あまりの心地よさに、このまま演奏が終わらなければいいのに、と意識の隅で思いながら眠っていた、そして聴いていた。

以下、あまりにも長くなったので「続きを読む」にて失礼します。

>> More
スポンサーサイト
category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

“未青年”の死と三島由紀夫

学生時代、偶然目にした三島由紀夫の書いた文章に誘われて読んだ著者がいた。そのなかで最も印象深いのは二人。一人は美術史家/ジャーナリストの Gustav René Hocke(グスタフ・ルネ・ホッケ、1908–1985)、もう一人が歌人の春日井建だった。

春日井建は3カ月ほど溯る今年(2004年)5月22日、長らく患っていた(ということを訃報で初めて知った)癌で亡くなった。昭和13(1938)年生まれ、享年65歳。新聞やウェブ上で見かけた訃報には、「三島由紀夫が『われわれは一人の若い定家を持った』と絶讃した歌集『未青年』の」といった修飾が、枕詞のようにほとんど必ずついていた。私自身がもつ春日井建の歌業についての認識も、残念ながらあたかも予定稿のようなこうした言い廻しが示すところを超えていない。名高い『未青年』(1960)は幾度も読んだが、読むたびにどこかで拒絶され入り込めないもどかしさを感じていた。

追悼するには既にはるかに時機を逸しているし、上述のとおり私は春日井建の短歌のよい読者だったことは一度もない。訃報を耳にしてからまた幾度か、もう二十年以上も昔に買った『春日井建歌集』(国文社・現代歌人文庫、初版1977年)を読み返している。巻頭の歌人ポートレイトが武田花撮影だったことに迂闊にも初めて気づく。冬や雪を詠み込んだ歌が多いと感じる:

集は異なるが:

一方で、これは炎暑の夕景なのだろうか……? 『未青年』劈頭を飾った一首:

春日井建のこうした歌をことさらに採って掲げることに、何かの意味があるのだろうか……引用しつつ疑問に感じる。『未青年』はいまの私が読んでも、その題名がほかに言いようがないほど的確に表しているように「“未青年”による/についての」歌で、罪と軛について、(同)性愛について、“父と母と兄と妹と‘我’”についての歌だと思える。ここでは、そうした色彩が薄いとかろうじて思われるものばかりを意図的に引いた。歌われていることが虚構であれ事実であれ、歌集としてのその総体は、私にはやはり今も昔も近寄りがたい。齢を重ねてゆくこの先ますます、春日井建のこの処女歌集の境涯を理解しうるところから遠ざかるばかりだ。

逝去から数カ月後の今になってここで書くのもおかしいが、御冥福を祈ります。

以下は、読み返して改めて目に留まった『未青年』所収のよく知られた次の一首:

にいささか関わる、文字通りの随感です。

>> More
category: books | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

Post-rock?: Bark Psychosis と Talk Talk と

Bark Psychosis ///CODENAME:DustSucker

ここ数日、先月7月末にリリースされた ///CODENAME: dustsucker(標題冒頭のスラッシュ3連打は読み方がわからない、何か意味があるのだろうか)と、10年前の同名バンドによるデビュウ・アルバム HEX (1994) ばかり聴いている。また例のごとく、自分にとっては空白の1990年代に出たバンドで、ようやく最近になってその存在を知ったばかり。それでもこうして巡りめぐって聴く機会を得たので良しとすべきなのだろう。この数年、好きなジャズもロックもほとんど新譜は買うことがなかったせいで、ほとんど音楽的リハビリを自分に施している気分がする。

新譜はかなりいい。1曲目の冒頭でいきなり安っぽい電子音が鳴ってやや面食らうが、あとは全篇、アコースティックと電子/電気楽器を絶妙のバランスで使い、やや暗い曲調の比較的スローテンポな曲が淡々と、しかし随所に心地よい緊張を孕んで続く。けだるい女性ヴォーカルが数曲、同じく囁くような男性ヴォーカル。歌詞は意味ありげだが思わせぶり(なだけ)とも言える。音は聴き込むほどに新たな深みをみつけることができる。

以下は、このバンドあるいはジャンルに詳しい方々にとっては今更の話だと思うので、すべて「続きを読む」にて。

上掲画像は、アルバム・カヴァをそっくりそのまま無断で掲げるのはできるだけ避けたいので、戯れにでっち上げてみたもの。///CODENAME: dustsucker のシンボル・マークのように使われている「///:」を、スキャンした同カヴァの一部に貼り付けてみた、拙“作”というもおこがましいイメージ画像です。

>> More
category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

ブロガー・アンケート @ UC Irvine

今朝ほど、米国の University of California Irvine で計算機科学博士課程に在籍している Norman (Makoto) Su さんから、彼の研究で「世界中のブロガーの社会的行動とパターン(social behavior and patterns of bloggers worldwide)」を調査しており、アンケートに協力してもらえないだろうか、というメールが寄せられた。

関連するURLは以下のとおりとのことです:

調査での匿名性は保障される。寄せられたデータはセキュアなサーバにて最長で〔調査終了後?〕1年間保持される。回答募集は本年6月から6カ月間(本年末まで)できれば今月8月末までを予定。アンケート末尾にある回答者のウェブログ名およびURLの記入は完全にオプショナル。これを記入した場合、研究のフォロー・アップに利用させてもらいたいが、記入されたウェブログの主宰者が回答したという事実そのものは調査側に知れるものの、回答の具体的な内容はわからない……などなど〔以上、上掲アンケート調査トップの「Confidentiality(守秘)」の項を抜粋してご紹介〕。詳しくは同頁をご覧ください。

〔2004年8月11日追記〕 回答期限について、調査トップ頁には今年末までとありますが、Su さんのウェブログでの記述によれば、できれば今月末まで、9月には集計と分析を始めたいとのことでした。お詫びして訂正します。

私もやってみました。「15分ほど」とありますが、おそらくたいていの場合せいぜい5, 6分で最後まで回答できます。

今年前半に日本でも(たしか国内を対象に)同種の調査が行なわれ、ウェブログの随所で取り上げられていたと記憶しているが、Norman さんのウェブログを拝見すると、今回の調査はできるだけ多様な言語・人種・地域からデータを蒐集したい由。Su さんご自身は中国・韓国・日本への働きかけにとくに注力しておられるようだ。目標はできればこの3カ国で各国ごとに最悪でも最低500、できれば1000の回答を蒐集したいとのこと(同ウェブログ7月28日付「Goals」参照)。同記事の時点で日本からの回答は60弱とのこと。

なお、Su さんから「できるだけ今回のこの調査について広めていただけるよう、ご協力をお願いします」。メールが寄せられたのも何かのご縁かと思いますし、とくに営利目的その他悪用の懼れもないようなので、私からもお願いいたします。上掲関連各ページをご一読のうえ、この拙記事をご覧いただいた皆さんのウェブログでも記事に取り上げて、アンケートへの回答参加を呼びかけていただければ幸甚です。

以上、アンケートのお知らせとご協力へのお願いまで。よろしくお願いいたします。

category: backyard | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

mp3 ストリーミング:Whole Wheat Radio

Whole Wheat Radio Logo

ひじょうに興味深くかつ楽しいストリーミング放送局をみつけた。Whole Wheat Radio(リンク先は同局公式サイト)、無理やり訳して“全粒小麦ラジオ”。在米国アラスカ州 Talkeetna(リンク先は MSN Map の当該地。画面左上の目盛で上から3つめくらいにズームアウトすると大体の見当がつく。拡大・縮小には要 JavaScript) という、Anchorage の北方、直線距離でおそらく150kmくらいに位置している小さな村(季節変動が激しいが人口約400人とのこと)で番組を制作している。局スタジオの写真がこちら(ページ中ほど右側)に掲げられている。林の中の文字通りの小屋という感じだ。

「全粒小麦 whole wheat」というのは、英語でも日本語でも健康食品などによく見かける言葉だ。自然保護や健康志向といった或る種のイデオロギー(というと大仰か)のにおいがついている。まあこれは私個人のバイアスかもしれないが、「Photos」をご覧いただければ、おそらくふむふむ(笑)と思われるのではないか。私は世代的にその残滓のようなものしか直接には知らないが、1960年代のヒッピー・ムーヴメントやヴェトナム反戦などを思い起こさせる風貌の人たちが写っている。流れる音楽も、大手レコード・レーベルとは契約しない、独立系ミュージシャンやバンドのもの。多くはアコースティックでギター一本、あるいはジャム・バンドのようだ。

ここに写っている男性が、局を主宰している Jim Kloss さん。女性は Jim さんの「ベター・ハーフ」(これも懐かしい言葉だ)Esther Golton さん。彼女はシンガー・ソングライターで、アパラチアン・ダルシマー奏者(ダルシマーという楽器についてはヤマハのおんがくういくり中「おんがく世界めぐり」、柘植元一さん執筆の「アパラチアン・ダルシマー―― 北アメリカのコト」など参照。こういう楽器があること自体、私は知りませんでした)の由。お二人の声は同局の番組中随所に流れる。

ところが一見してヒッピーのなれの果て(失礼)かと見紛うようなお二人が運営するこの放送局、きわめて先進的なシステムを誇っている。公式サイトの「How it Works」(仕組み)頁には以下のように書かれている(一部を省略のうえ意訳):

番組は生放送……のようなものだ。Whole Wheat Radio は一種の逆説になっている:大地に根ざした局だが、テクノロジに甚だ依存している。放送はほぼ完全に自動化されていて、突発的な事態(計算機のクラッシュなど)発生時を除けば人手はまったく不要だ。

流される音楽は放送前にすべてプログラムされている。しかしこれはリスナーからのリクエストによっていつでもオーヴァライドすることが可能。放送中のほとんどの時間には誰か人間が一人、背後でうろちょろしている。この人間は Jim Kloss という名前で、DJキャップを被り、番組に随時、人間味を加えている。

〔引用者注:ちなみにこのストリーミングは24時間放送、年中無休。「Jim はいつ眠るのか?」という問答が「FAQ」に出ている。回答は「完全オートメなので寝たいときに寝てるよ」(笑)とのこと〕

私はつい数日前にこの局に行き当たった。最初に訪れたところが Jim さんのウェブログで、そこからリンクをたどってこちらのページへ飛び、初めてストリーミング局であることに気づいた。「Guided Tour」のページをご覧いただくとわかるように、このサイトには「Control Console」というリスナー各々専用のページが設けられている。いま(および以前)流れた音楽のプレイリスト、同局サイトにログインしているリスナーのリスト(プロフィール閲覧可能)、リクエスト・ボタン、ログインしているリスナーと番組の送り手側の Jim さん/Esther さん、それに複数の“EJ”(Electronic DJ)という人工無能チャット・ロボットとチャットができるチャット画面などで盛り沢山だ。

最初はストリーミングを聴きながらしばらくゲストで覗いていたのだが、あまりに興味深いのでプロフィールを作ってチャットに参加してみた。ちょうど Jim さんが起きている時間帯で、「日本から」というとわざわざアナウンスで私のチャットでの発言を取り上げてくれたり、チャットを通じてちょっと会話したりして、非常に楽しい一刻を過ごせた。チャット・ロボットもよく喋る(人工無能の常で、ときに突拍子もないことを叫んだりするが、放送でとりあげられたミュージシャンのアルバム情報やライヴ予定などもアナウンスしたりして、相当高機能)し、ほかのリスナーたちもほとんどが気さくだ。

日本にも東京大仏TVのようにリアルタイムでインタラクティヴな放送をしているところがある。私も幾度か番組を拝見して、チャットも覗きながら随時放送内容が視聴者からの反応を織り込んで進むさまをとてもおもしろく感じた。Whole Wheat Radio はこれのラジオ・24時間版で、同局音楽ライブラリに収録されている曲が随時リクエストでき、チャットを通じてたまたま同じ時間帯にストリームを聴いているリスナーや放送の送り手と双方向でやりとりができる。それらを一括してコントロール可能なリスナーごとのコンソール画面というのは画期的だと思う。

とにかく楽しいところです。番組のトーク部分は英語だし、チャットも英語だが、チャットについては「どこに住んでる?」「そっちの天気どう?」「どんな音楽が好き?」「リクエストしてみる?」くらいのことが言えて答えられれば、少なくとも当初は楽しめる。音楽は好き好きだと思うが、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう。

本稿のカテゴリは、流される音楽よりも局と番組制作のあり方を主に取り上げているため、「radio」とした。

----------

  • Whole Wheat Radio の肝腎のストリーミング聴取は、同局サイトの「Listen」のリンクから。現状で、同時聴取30人分のストリーム帯域が確保してある由。北米の夜の時間帯(日本の午前中から午後にかけて)はかなり混んでいる。

  • 〔2004年8月8日追記〕以下の WinAmp 関連の話題はすべて MS Windows プラットフォームでのことです。申し訳ありませんが、私自身は Mac およびその他の OS 上でのストリーミング聴取の経験がありません。〔追記終〕

    2系統のストリームがあり、ビットレイトは低速回線向けで24kb/s、広帯域高速接続向けでも56kb/sと音楽ストリームとしては低めだ。しかし WinAmp で mp3PRO プラグイン(リンク先は配布元)を今回初めて導入してみて、遅まきながらその威力に驚いた。低速接続向けでもFMラジオより若干劣る程度の、かなりいい音質で聴くことができる。

    導入は簡単。ダウンロードした .exe ファイルを実行すれば自動で適切なインストール先に解凍、いったん WinAmp を終了して再起動し、オプションでプラグインの設定(inputの項)で「THOMSON MP3PRO Decoder」を適宜調整(通常「すべてのmp3に適用する」をオンにすればいいようだ)。

  • なお、WinAmp といえば私は以前から Enhancer(現時点でヴァージョンは0.17のまま。リンク先は WinAmp 公式サイトのプラグイン検索結果)をずっと使っている。他の DSP(Digital Signal Processor)プラグインが、好みの音質を得るためには調整項目が多すぎて素人(の私)にはややこしかったり、また多くが相当 CPU 負荷が高くてシステム全体の負担になるのに対して、Enhancer はきわめて軽く、調整項目も少なめでしかも効果が高い。お薦めです。

category: radio | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

Halloween, Alaska: "Halloween, Alaska" (self-titled)

Halloween, Alaska 1st album cover

2カ月ほど前の拙稿で、偶然ネット上で音を聴くことができた Halloween, Alaska(リンク先は公式サイト)という米国・ミネソタ州のバンドについてふれた。

しばらくの間は公開されている3曲の mp3 ファイルを楽しんで聴いていたのだが、結局1カ月ほど迷って8曲収録・バンド名をそのままタイトルにしたCD(2003年12月リリース)を購入することにし、7月上旬にサイトでの指示どおり PayPal を通じて決済した。

PayPal を利用したのは私の場合今回が初めてだったが、クレジット・カードさえあれば、昔のように国際郵便為替を組まなくてもクリック数回で海外から取り寄せることができるのは便利だ。とくに今回のようにCD1枚といった比較的小額だとバカにならない郵便為替の手数料も不要で、手軽さを改めて痛感した。

ディストリビュータは New Artist Direct という、大手レコード・レーベルに属さない独立系ミュージシャンたちの作品を多数扱っている(らしい、オンライン?)ショップ。ところがこちらからの注文の直後に発送されたCDは郵便事故に遭ったのか、7月下旬になっても未達。若干の電子メールでの問い合わせを経て、Halloween, Alaska を担当している Grant さんがすぐに別便でもう1度発送してくださった。お詫びのメモとともにバンドの缶バッジも同封されていて、今回は発送から約1週間で到着した。〔2004年8月5日追記:気になる送料はCD1枚で2.99米ドルでした。アルバムの頒布価格は10ドルです〕

前回拙稿では、このバンドの音が、自分が往年のリリース当時よく聴いていた英国のバンド Comsat Angels のアルバム Chasing Shadows (1986) に似ていると書いた。こうしてCDが届いてアルバムを通して聴いてみると、たしかにシンセサイザ類と生楽器(エレキ・ギターも軽いディストーションをかけられた程度の音が多い)の音の使い方や、空間の広がりを感じさせるミックスの仕方など、共通点も多い。ただ、それに加えて、微妙にコード・チェンジをくり返していて、曲の作り方にかなり手が込んでいることにも気づく。その点では Prefab Sprout の全盛期の曲にも似ているところがある。ヴォーカルの声質も高めの声域を中心に使って繊細で、似た印象を受ける。それでいて曲の旋律は奇抜なところがなく耳にすんなりと入ってくる。いささか異色なのは Bruce Springsteen をカヴァした "State Trooper" だが、これはアルバム中でほとんど随一の盛り上がりを後半にかけて示す。

電気/電子楽器を多用していながら、全般に自然で静かな音が鳴っている。歌詞も多くが内省的な感じで、低めの音量で流してもヴォリュームを上げて聴き入ってもいい。お薦めしたい。まずは上掲のサンプル音源をぜひ一度聴いてみてください。

もちろん、こういうバンドの作品が日本のレーベルを通じて売り出されれば、直販や海外取寄せの手間も届くまでのやきもきもなく大歓迎なのだが、どうだろうか。

〔2004年8月5日追記〕 その後、CDのカヴァ表(おもて)面画像の本稿での使用を快諾いただいた。バンドの連絡先にメールを送ったところ、ヴォーカル・ギター担当の James Diers さんから即日返信を頂戴した。記して感謝します。実は何を写した写真なのか、公式サイトでも現物を見てもよくわからなかったのだが、どうやらスピーカ・グリル(?)の穴を撮ったものらしい。

公式サイトから音声アーカイヴへリンクが張られている、彼らの地元所在の公共放送ラジオ Minnesota Public Radio の2003年11月28日付番組 State of the Arts を改めて聴いてみた(番組開始20分過ぎから約8分間)。非常に手際よくまとめられ、ファースト・アルバムからの曲もバンド・メンバーへのインタヴュウの背景で多数紹介されている。

バンドは地元のいくつかのジャズ・コンボおよびインディーズ・ロックバンドのメンバーから構成されている。触媒的な役割を果たしたのがドラマーの David King さん。バンド名は実在の地名ではなく、架空の、一種の「音楽的“理想〔郷〕”(musical destination)」を表わすもの。自分たちの音楽は「静かで雰囲気のあるポップ・ミュージック(quiet, mood pop)」だと言う。また、メンバーそれぞれが多大な影響を受けた1980年代前半のバンドの音を念頭に、懐古やアイロニィを織り込むことなくそれらを今の時代に作り直してみよう、あるいは、電子的な音楽的感触(texture)を電子音楽バンド(electronica band)になることなしに作ってみよう、というように、彼らが意図するところが語られている。全体としてのイメージは Wim Wenders の映画 Paris, Texas (1984) である由。私がちょっと異質に感じた Springsteen のカヴァも、元来デモ・テープだった(はずの)Springsteen のこのソロに近い作品(Nebraska はまさに1980年代前半、1982年リリース)を、現代に自分たちが完成させるとしたらどんなものを仕上げられるか、という意味合いで取り上げたそうだ。

ミュージシャンたちのこうした背景やさまざまな影響源を探るのは楽しいが、キリがないのでこのあたりで切り上げておこう。バンドは今年秋を目標に、現在もアルバム2作目の完成へ向けて作業を継続中とのこと。期待して待ちたい。〔2004年8月5日追記終〕

category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

サイト移転完了のお知らせ

御注意〕本稿は、拙サイト1回目の移転に際してのものです。

>> More
category: backyard | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。