スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

Tom Waits の Waltzing Matilda

Rock Bottom by jefta
 いや、俺はあんたの同情なんていらない
 放浪者たちはみんな言ってるよ
 街はもう安楽に夢見られるところじゃなくなっちまったと
 人殺し捜査のローラー作戦や、
 思い出を売りつける亡霊ども
 どのみち奴らはひと騒動起こってほしいと思ってるだけだ
 ほら、マチルダを背負って行こうぜ
 マチルダを揺らして行こう
 俺と一緒に行こう
Tom Waits "Tom Traubert's Blues
(Four Sheets to the Wind in Copenhagen)"
から

いつも裨益される Kompf さんのウェブログ「快楽原則」で、作曲家 Gavin Bryars(リンク先は彼の公式サイト)が Brian Eno の Obscure レーベル最初のアルバムとして発表したものだという Jesus' Blood Never Fails Me Yet(ライナーノーツ抜粋が読め、また作品の一部を試聴可、試聴には要QuikTimeプラグイン)についてのエントリ(2004年6月8日付)を拝読。先日ようやくCDの現物(1993年版)を手に入れ、Tom Waits の歌声に久しぶりに聴き入った。恥ずかしながら私は Bryars については名前しか知らず、また Tom が Bryars のこの作品で歌っていたのも Kompf さんが書かれた記事で初めて知った。

そしてついでに Tom が Asylum レーベルで発表した7枚のアルバムからのコンピレィション、Used Songs: 1973–1980 (2001) も、遅まきながら買ってきた。この時期の Tom Waits の音楽を、私はほとんど聴いていない。最後の16曲目に、上に拙訳で詞の抜粋を載せた "Tom Traubert's Blues (Four Sheets to the Wind in Copenhagen)"Small Change (1976)所収)が入っている。最近 Radio Paradise 経由で初めて聴いて、ぜひ手許に置いておきたいと思った曲だ。泣ける。

この曲は、本物の Tom Waits ファンの方々から「この曲を知らないのか」と虚仮にされても当然なくらいの極め付きの有名曲であるようだ。私はご大層にこんなエントリを書きつつ真正 Tom Waits ファンではないことを自認している。申し訳ない。

まことに印象的な Bryars の Jesus' Blood... については、また別稿を期したい。作品および Tom Waits がこの作品で歌っていることが、彼の熱心なファンの間では周知の事実らしいことを、これまた本稿執筆にあたってようやく知った。

>> More
スポンサーサイト
category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

ebtg と雨音

Rainy Day by andreasl

蒸し暑いばかりでほとんど空梅雨という感じの今月の天気だが、Everything But The Girl (ebtg) の最後のアルバムになりそうな危惧を抱かせないでもない(後述)コンピレィション、Like the Desert Misses the Rain (2002) には、SE(sound effect)として雨音をリミックスの過程で加えたと思しき曲がいくつか収められている。新譜がいつまで待っても出ず、半ば業を煮やしてリリースから数カ月後に渋々買っ(てしまっ)た、ほとんど発表済みの曲ばかりを集めたアルバムだ。それまでもこの二人が作るアルバムでしてきたのとまったく同様に、飽きるまでくり返し聴き、しばらく遠ざかってはまた飽きるまで聴く。そのサイクルをすでに幾度か反復した。だが長らくこのSEには気づかないままだった。どうやら雨音を勝手に自分で補って耳を傾けていて、実際に加えられたSEに違和感を全然感じなかったらしい。

ebtg を聴いていると、なぜか雨の情景を思い出す、それもあまり規模の大きくない、雑踏するほどに人はいないが寂れているわけでもない街の。街を思うのは彼らの音が程よく洗練されているためだろうし、いつも背景で聞こえているような気がしてしまう空想のなかの雨音は、ギターのアルペジオやまれに使われるピアノの単音、生音か電子的なものかを問わずハイハットやシンバルが規則正しく刻むリズムのせいかもしれない。

Tracey Thorn と Ben Watt の同い年デュオ(いつの間にか夫婦になっていた)、雨がちな気候の英国イングランド出身、イギリスならどこにでもいそうで実際どこにでもいる典型的なアングロ・サクソン的風貌。それでも音楽の才能は独特だ。カヴァの意匠も音も、アルバムごとにあざといほど大きく変えてきた。変わらないのは、ほぼ色恋沙汰にまつわる気持ちの揺れ動きを描いたものばかりと言っていい歌詞のテーマと、Tracey の歌声だ。

>> More
category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(3) |

KKCR(在・米国ハワイ州カウアイ島)

最近、夜になると時々ハワイ・カウアイ島発のコミュニティ・ラジオ局 KKCR Kaua'i Community Radio のストリームに聴き入っている。

ハワイ音楽についてもほとんど何も知らない。唯一、小学校の音楽の教科書に "Aloha 'Oe" が載っていて、クラス全員の前でリコーダーで独奏させられたのを思い出すくらいだ。緊張して口許から指から笛まですべて小刻みに震え、とうぜん音まで震えたのを、意図的にヴィブラートを利かせたものと先生が勘違いなさって褒められたのがひどく恥ずかしかった。実際に訪れたこともなく、フラ・ダンスとリゾート、そんなイメージしか浮かばないのは我ながらまことにお粗末。移民や真珠湾攻撃など、この国とも歴史的に深いつながりをもつにもかかわらず、ハワイの歴史や文化についてもほぼ完全に無知だ。

そんな御託は措いておいて……背景知識を持たない私でも、とても心に沁みます、ハワイ音楽。KKCR は現地時間の深夜2時から朝にかけて、週日・週末を問わず「Overnight Hawaiian Music」という、ほぼノンストップで主に(いわゆる?)ハワイアンをかける番組を流しているようだ(私がこの局のストリームを見つけたのはせいぜい数カ月前です)。アコースティック・ギターやウクレレ、スライド奏法の電気スティール・ギター、それに歌声。多くの曲がそうしたシンプルな構成で、テンポはゆったり、メロディも落ち着いたものが大半。哀調を帯びた曲も、全くと言っていいほどくどさがない。それに、全般に響きがどこか静謐だ。

ハワイと日本との時差は19時間ある。彼の地の深夜2時は日本の21時、夜9時。番組は数時間続くため、こちらが眠ろうとする時間帯にも静かにハワイ音楽が流れ、しばらく聴いていると気持ちが鎮まる/静まる。ときどき現地語(ハワイ語?)によるアナウンスが聞けることもある。同じ音節の2重連が多く、不思議な雰囲気です。

検索エンジン経由で。ミノリ・K・エバンズさんというカウアイ在住の方がこの KKCR の訪問記「ローカル・ラジオ」(2003年11月付、続きが「ローカル・ラジオ(2)」。いずれも“ハワイの自然と文化を語る”という「アロハ WEB かわら版」の連載「ミノリのカウアイ日記」所載)を綴っておられた。椰子の木のそばに三角屋根の平屋の局舎(ミノリさんの訪問記によれば「小屋」だそうです(笑))の様子、緑でいっぱいの局入口へのアプローチなどの画像も添えられている。70名(!)ほどのDJほかすべてヴォランタリのスタッフにより運営されている由。

(野暮を承知で念のため。以前拙稿でもふれたが、ストリーミング放送には経費がかかる。財務的に厳しい条件下で地域のために放送しているコミュニティ局の場合はとくに、あまり長時間聴き過ぎないようにしています)

米国ハワイ州観光局(Hawaii Tourism Japan)の「ハワイの基礎知識:カウアイ島」やNPOカウアイ観光局(Kaua'i Visitors Bureau)のサイトの記述によれば、カウアイは“ガーデン・アイランド”という愛称をもつ、美しい自然景観を誇る島で、島自体もハワイ主要8島のうちで最も成立が古く、ポリネシア人入植も最も早かったとのこと。いかん、こういうサイトを見ていると行きたくなってきます……。

ストリーム聴取は同局ウェブサイトの左側ナヴィゲイション「Listen」のリンクから(要JavaScriptオン)。当該ページへ移動後、スピーカーのアイコンをクリックすると、Internet Explorer であれば Live365 のプレイヤー窓がポップアップして、(同時接続リスナー最大数に達していなければ)すぐに番組が流れてきます(Live365への登録やログインは不要)。

category: radio | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

Battersea 発電所のある風景

Battersea 発電所

この「スヌーカー・テーブル/食卓を天地ひっくり返したような」と形容されることもあるらしい印象的な建築物を初めて目にしたのは、例にたがわず Pink Floyd の Animals(1977) アルバム・カヴァだった。焦げ茶色のどっしりとした建物から天を衝いて垂直に伸びる4本の象牙色の煙突。おそらく夕刻、陰影を深めるレンガ造りの巨大な発電所の上空を豚が飛んでいる。

Animals のカヴァ写真

Animals の発表直前、英国・ロンドンの Capital Radio が6夜連続で「Pink Floyd Story」という大特集を放送した(後にNHK-FMがこの番組を丸ごと買って、立川直樹さんの進行で放送。私はこれを文字通り貪るように聴いた。カセットに録音もしたが、所在不明)。当時すでにバンドの主導権をほぼ掌握していたベイシストの Roger Waters は、同番組インタヴュウのなかで、このアルバム・カヴァの意匠についてこんなことを言っている:

〔インタヴュア:どうして Battersea 発電所をカヴァに?〕 こいつはかなり素敵な建物だと思うよ。暗鬱で非人間的で。

〔インタヴュア:写真自体も暗鬱だよね〕 そう。

〔インタヴュア:なんていうか、気を滅入らせるような、抑圧的で……〕 そうだね。

……〔略〕 えーとね、僕は Battersea 発電所が象徴している露骨で粗野なものがけっこう好きなんだ。男根のように聳える4本の煙突タワーも。“力”という概念も、奇妙な意味合いで魅力的だと感じている。

Pink Floyd Story 第6夜冒頭での Roger Waters の発言

余談になるが、このインタヴュウは特集の最終第6夜に放送された。Capital Radio は「この特集番組で Floyd の最新作を世界に先駆けて紹介する」と鳴り物入りで宣伝していたのだが、最終夜のオン・エア直前、BBC Radio One で同局名物DJの John Peel が抜け駆け(?)して全曲を放送した、という逸話はよく知られている。……といっても、私自身はそのことを知ったのはけっこう後で、他愛ないが「John Peel やるな」と、驚くべき趣味の広さを誇る、このDJである以前に何よりも音楽愛好家である人にますます尊敬の念を抱いた。

日本におけるこの「Pink Floyd Story」の放送は、確認できていないがたしか Animals 国内盤リリース後のことだったと思うので、Waters がインタヴュウで述べたことはすでに耳にしていたはずだ。だが、私はこのカヴァを見てただただ建物の存在感に圧倒されるだけだった。反面、こんな建物が本当にあるのかと、どこかで実在を疑っていた。後にロンドンでこの発電所の脇を通る列車に乗った。その路線が Battersea を通ることをまったく知らず、車窓から見えてきたときは不意を打たれた。夢中でカメラを構えて写真を撮る。「本当に本当にあったんだな」と、阿呆のようにくり返し心の中で呟きながらシャッタを切ったのを憶えている。ただ、実物のとくに煙突はかなりの威容を誇っていたが、自分で撮影した下手くそな写真に納まったこの建物全体は妙にこじんまりとしていた。今から思うと、無理をしてでも近傍の駅で降りて実物の近くまで行っておけばよかった。

>> More
category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

Webjay と Halloween, Alaska

しばらくぶりにRadio Paradise(リンク先は同局公式サイト、よろしければ同局について書いた拙稿もご笑読ください)を聴いていたら、ずいぶん新しい曲が増えていた。従来と変わらぬいぶし銀の選曲と並べ方の良さを感じさせる番組のなかで、Halloween, Alaska(リンク先は公式サイト)というバンドの曲が印象に残った。改めてこのバンド名でウェブを検索してみると、標記の Webjay というサイトにプレイリストが掲載されている。このページをブラウザで開いて、頁左上のプルダウン・リストから音源プレイヤーを選択したうえで、その左脇にある大きめの「play page」ボタンを押すと、選んだプレイヤーが起動、リストアップされている音源を聴くことができる。音源自体はバンド公式サイトに置かれた mp3 ファイルをポイントしている。実に便利。

ウェブ上の音源で DJ

この Webjay というサイト、一般的にどれくらい知名度があるのか自分にはさっぱりですが、私は今回初めて訪れました。公開されているプレイリストをいくつか聴いてみて、ヴァラエティに富んでいて質も高いのに非常に惹かれた。そこでご紹介する次第。

Wired News の Katie Dean さん執筆、2004年4月9日付「Music Gurus Scout Out Free Tunes」という記事(日本語訳は Wired News Japan では見つからず)によれば、Webjay はソフトウェア開発者 Lucas Gonze さん(リンク先は同氏のサイト所掲プロフィール)により今年2月に運営を開始。いったい如何なるサイトなのかというと、(いささか長くなるが)同サイト「About」には:

Webjay はウェブ上でのプレイリスト聴取と公開を手助けするツールです。

WinAmp, iTunes, RealOne, Windows Media Player といった mp3 プレイヤーでは、演奏する曲のリストを指定することができます。ほとんどの場合、これらの曲は各自のコンピュータ上にあるのですが、ウェブ上にあるものも指定可能です。Webjay は、まさにこのウェブ上にある音楽のプレイリストのために使うことができます。

ウェブ上にある音源ファイルをリンクしたプレイリストは持ち運び可能です。mp3 プレイヤーとインターネットへの接続さえあれば、誰でもプレイリストを作りまた交換することができます。その際、実際に音源ファイルの現物を移動させる必要はありません。つまり、ファイルサイズの小さなプレイリスト(これ自体は或る特殊な書式に従って書かれたテキスト・ファイルです)を、友人にメールしたり、ウェブサイトで公開したり、仕事場へ持っていくことができるのです。

とある。もちろんプレイリストがポイントするウェブ上のリソースは音源ファイルに限らず、動画などでも構わないわけで、実際に動画ファイルのみを集めたプレイリストも公開されている。

前掲の Wired News の記事には、Webjay で自作プレイリストを公開している人の「ウェブ上にこんなに非合法に“フリー”ではない、文字通りフリーの音源があるのに驚いた」という発言も紹介されている。私も上述のとおり同感です。たとえば salishsea さんという方が作られたプレイリストには、ひとつはインド音楽(「Music of India: Classical and Sacred Music of India」)、もうひとつにはフィンランドのアンビエント音楽(「Ambient Music of Finland: -- dark winters --」)の音源を集めた、各々数時間(!)にわたる総演奏時間分の音楽が含まれている。どちらのリストもまだ全部を聴くことはできていないが、一部を聴いてみたかぎりでは音源の音質も演奏も高水準だった。

こうしたプレイリストは Creative Commons のライセンス第1版(著作(権)者表示・非営利・同一条件許諾)の下で公開され、また音源の権利関係については、プレイリスト製作者に非合法の音源を使わないよう自重を要請している(同サイト「About」の「Is it legal?」参照)。

RSS によるプレイリスト情報配信やブックマークレット(?)など、ウェブログなど他のウェブ上リソース/サービスへの配慮もある(ようだ……斜め読みしただけで、まだほとんど理解できていません)。API の第0.0版がつい先日(2004年6月2日付)公開されたばかり。まだまだ発展途上という感じですが、これからどんなプレイリスト(そして音楽)と出遭うことができるか、楽しみです。既存の音楽産業(上掲「Is it legal?」には、痛烈な皮肉をきかせた文面もみえる)から絡まれることなく、順調に育っていってくれるといいが、それも私のようなこのサイトの利用者と、想を凝らしてプレイリストを作ってくれる方々次第ということだろう。

〔2004年11月30日追記〕その後、検索エンジン経由で Richard MacManus さんのウェブログ Read/Write Web「Interview with Lucas Gonze of Webjay」(04年10月26日付)という記事が掲載されているのを見つけた。Gonzo さんのプログラマとしてのキャリアと絡めて、Webjay に込められた思想(「Webjay decentralizes taste.」)を語った(電子メール経由での)興味深いインタヴュウ。

Halloween, Alaska は実はミネソタ州のバンド

この Webjay を自分が知るきっかけになった Halloween, Alaska は、サイトでアルバムCDを直販している。バンド名検索で上位に出てきた「SPLENDID」(オンライン音楽批評マガジンとのこと)の2004年4月9日付レヴュウや、同じく「EMISSION: Music Reviews for the Rest of Us」(独立系ミュージシャンを中心に扱う音楽批評サイトらしい)の2004年5月28日付レヴュウによれば、このバンドのメンバーはそれぞれ米国インディーズ音楽シーンで名前の通った人たちのようだ。私はこれらのレヴュウで挙げられている前身諸バンドについてはまったく知らない。

自分に思い当たるかぎりでは、醸し出す“空気感”や生楽器の音の落ち着いて印象的な使い方などから、英国の Comsat Angels(リンク先は同バンドのファン・サイト「Sleep No More」)のアルバム『Chasing Shadows』(1986)(Comsat Angels は実はこれ1枚しか聴いたことがないが、愛聴していた)を思い出した。この Halloween, Alaska のアルバムを買ってみようかと、いま真剣に悩んでいます。

category: music | permalink | Comments(0) | Trackbacks(3) |

『吉田一穂詩集』(加藤郁乎編)

あゝ麗はしい距離(デスタンス)、 つねに遠のいてゆく風景…… 悲しみの彼方、母への、 捜り打つ夜半の最弱音(ピアニツシモ)。

吉田一穂 「母」 (全、パーレン内は本来ルビ)

標記の詩集が、加藤郁乎編で先月(2004年5月)文庫で出た。自宅近くの充実した品揃えを誇る書店にはなぜかなく、昨日ようやくターミナルの大型書店にて入手。編者による「解説」を読むと、加藤さんは1951(昭和26)年以降、詩人に長らく師事(と言っていいものか?)された由。400字詰で15枚程度の短い文章ながら、吉田一穂の詩業と人となりを伝える印象的なエピソードを綴って十全。短詩形の作家には達意の文章を書く人がさすがに多いことをまた確認できた。

上掲の「母」は、おそらく詩人の作品のうちで最もよく知られたものではないか。処女詩集『海の聖母』の劈頭を飾っていた詩篇だそうで、この文庫版でも巻頭に置かれている。私が吉田一穂のことを知ったのも、これを引用した評論だった。この詩(の第二連のみだったか)を、同じく恐るべき喚起力を持つ

数個の
母の分裂を浄めることへの
執着

という、稲川方人の詩集『償われた者の伝記のために』(1976)の詩句(冒頭と末尾に出る。前者は正確には扉の対向頁、ページ左右中央上方にエピグラム様に印刷されていた。上掲引用のとおりの行分け。一方、末尾のものは「数個の」の後に読点を付し一行にまとめられている)と並べて示し、稲川の詩を論じていた(たしか『現代詩手帖』所掲、執筆者その他の詳細をすべて失念)。稲川のこの詩集をすぐに探したが、当時すでに書店店頭にも古書店にもなく、同じく吉田一穂の作品もなかなか読めない時代だった(後述)。

本書「解説」の前に年譜が置かれてある。そのなかの1921(大正10)年、詩人23歳の項:

五月以降、実業之日本社との交流が始まり、同社の雑誌「日本少年」「小学女生」に童話や童謡を発表し始める。以後、大正年間の一穂の原稿生活は、その大部分が「小学女生」および「小学男生」、両誌の休刊後は「幼年の友」(いずれも実業之日本社発行)によって支えられる。……

これ以前、そもそも吉田一穂は歌人として出発したそうだ。少年文学や童謡の分野での詩人の仕事についても、恥ずかしながら私はまったく知らなかった。

検索エンジン経由で。斉藤佐知さんのウェブサイト「斉藤佐知 絵画ギャラリー 「白銀屋」」には、吉田一穂の童話集『ぎんがのさかな』(1941)から「一つぶのむぎ」、そして『かしの木とことり』(1944)から「ひばりはそらに」に画題を取った斉藤さんのパステル画が、力強い線と深みのある色彩で一穂の文章とともに掲げられている。

書誌は、加藤郁乎編『吉田一穂詩集』(2004年5月、岩波書店(岩波文庫)、288頁。本体価格760円)。3篇の「随想」と各詩集の序や跋、年譜を含む。

>> More
category: books | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。