スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

Musical Baton

肝腎の本題の前に繰言ばかり連ねそうなので、まずは回答を書いてしまうことにした。

“バトン”を廻してくださった Kplus の KSP さん(05年7月1日付「Musical Baton」より)、ありがとうございました。

  1. 計算機上に溜め込んだ音楽ファイル総量: 約1GB

    このところ暇さえあればせっせと聴いては気に入ったものを Webjay プレイリストに記録しているネット・レーベル関連(Creative Commons ライセンスに基づき公開されているもの)。自分で聴きやすいように、また(曲の排列のみによって)できるだけ納得のゆく流れを作るべく曲順を調整しようとして、頻繁に前後を入れ替え試行錯誤を重ねている。このため、結局音源ファイルをローカルに持たないと不便で仕方なく、徐々に増えてきた。

    音源ファイルのローカル・コピーを溜め込むもうひとつの理由は、(これは杞憂だろうと自分でも思うのだが)ネット上にしかないこうした曲が或る日突然アクセス不能になったり、ミュージシャンの意向で配布停止になったりするのではないかと、漠然と不安に思っているせいもある。

  2. いま聴いている音楽: Aldo Ciccolini(pf), Eric Satie Piano Works (EMI Classics, 5枚組)

    昨年から始まった手当たり次第の“クラシック”入門は継続中。いろいろ聴いてみようとしている……のだが、誰の書いたものであれとりわけ交響曲がつらい。大半が時代がかって単に大仰なだけに聞こえてしまう。また、シンフォニーは概して長尺であるにもかかわらず、作曲家が想を凝らして作り上げた(のだろう)細部のおもしろさや組み上げられた全体の構成が、聴いている自分には(まだ? このままずっと?)ほとんど理解できない。このため、集中力が持続せずすぐに飽きが来てしまう。

    むろん、こんな程度では個別の演奏や指揮の良し悪しなどまったくわからない。とにかく曲をたくさん聴いてみようというつもりで、或る作曲家の全集の類をまず買ってしまうのも、実は結果的にはよくないのかもしれない。

  3. 直近に買ったCD: 上記2のものに加えて、Bartók Strings Quartets・Ravel Piano Works・Debussy Piano Works・Chiris Rea The Very Best of・Leonard Cohen The Essential Leonard Cohen を、おまけポイント倍増セールに乗せられてつい買ってしまった。

  4. よく聴く、または思い入れのある5曲: すべて後者。以下のとおり。

    1. Pink Floyd "The Final Cut"The Final Cut (1983) 所収)

      Roger (Waters) の誇大妄想と被害妄想とが行き着くところまで行ってしまった、救いようのない悲歎と苦痛と孤独と怒りの結実(曲・詞・音作り・歌唱いずれの点でも)として。

      かつ、惰性と暴走(Roger (Waters) 脱退後の Floyd 名義、ライヴ盤を含む諸作での演奏)・手抜き(Kate Bush, Paul Rogers や Bryan Ferry などのアルバムへのセッション参加で)のいずれをもしない、優れたリード・ギタリストとしての Dave (Gilmour) の最後の姿を留めているという意味で。

      この2つの意味合いで、この曲こそがバンドとしての Floyd による本当の“白鳥の歌”だ、と私には思えてならない。

    2. Joy Division "The Eternal"Closer (1980) 所収)

      もし Ian Curtis が自ら縊れることを選ばず、同じメンバー構成でバンドがさらにアルバムを作っていたら、自分は Closer を今も聴き続けているだろうか……と時々思う。それこそ小さな「歴史の“もしも”(historical if)」(大げさだ)で、考えても詮方ないことなのだが。

      それでも、あのオリジナルLP盤のたたずまいには、紙質から配色、タイポグラフィにいたるまで、底堅い低い重心をもつ端整さ――それこそ墓碑を思わせる――があった。そして当然のごとく、音にもそれは色濃く出ている。とくにLPのB面4曲は、あらゆる音が反響も残さず減衰して消え去ることしかできないようなだだっ広く何もない空間で、それでも聴き手の間近で妙に生々しい響きを聞かせているような、不思議な印象が残る(実は以前、Joy Division でもう1本エントリを書くつもりで長らく果たせていないのは、これをネタにしたものになるはずで、いまだにまとめることができていない)。おそらく、Ian 自身をはじめ関係者の誰もがアルバム制作当時、終わりを予想だにしていなかったはず……それにもかかわらず、終わりは暗示されていたような気がする。

      この曲の最後の部分、背景の自然音(? いったい何を録音したものだろうか)のようなノイズと共に一瞬かすかにピアノ(かギター?)が鳴り、唐突にそれが途切れるのを聴くたびに、なぜか戦慄する。

    3. Joni Mitchell "A Case of You"Both Sides Now (2000) 所収)

      30年近い歳月を隔てて同じ歌い手が歌い、まったく別種の深みと味わいを湛え、オリジナルと同等かそれ以上の力をもって甦ることの驚き。

      この曲は男女間の失われた愛についての、女性の側からの歌だ。しかし、その詩の「それでもあなたは私の血の中に流れている/ 私にとっての聖餐の葡萄酒/ 苦く苦く、でもどこまでも甘い// あなたというお酒ならケース一杯分でも飲める/ そして私はまだ自分の足で立っていられる/ 大丈夫、自分ひとりで立っていられる」(趣意)というリフレインは、恋愛に限らず、或る程度以上のつながりの深さに到達した、ありとあらゆる人間関係にあてはめうる気がする――たとえそれが、直接の面識がなく、作品などを通じてしか知らない人に対するものであっても。

    4. David Sylvian "Weathered Wall"Brilliant Trees (1984) 所収)

      詞はあからさまに宗教的で、個人的にはほとんど意識しないようにしている。David はこの後、宗教的な主題であるか否かを問わず、本作を軽く凌駕する独自の詩/詞を幾篇も書いていると思う。

      とにかくこの曲の音が好きだ――酷暑の夏には冴え冴えと涼しく、冷え込む冬にはほどよく火の廻ったパイプの火皿のように温かい。ソロ1作目のこのアルバム以降、David 自身がどんどん音を変えていったせいもあって、これと同種の質感をもつ曲はほとんどない……と思うが、それはそれでいいのかもしれない。

      このアルバムもLP時代に買って、B面ばかり聴いた。のちにCD化された最初のものは、発売当初からどうやら廉価盤として作られたらしく、実に音が悪い。リマスタ盤も期待して聴いたが、これも大して改善されていないのが誠に残念。

    5曲というお題で、ここまでは比較的すんなりと思い浮かんだのだが、ここから先が難渋。思い余って、以下省略ということにします。

    それにしても、最近ジャズをあまり日常的に聴いていないせいか、英語圏の“ポピュラー音楽”(蔑称?(笑))、また一度限りの生演奏ではなくCDなどで幾度もくり返し聴いてきたものばかりになった。しかも、結局すでにどの曲についても、これまでここで書いたもののなかで何らかのかたちで言及している……。

  5. 次にバトンを渡す5人: 5人は端から無理でした。

    “なんちゃって”活字中毒/ジャズ好きの私とは違って、本物の読書家かつジャズ愛好家、kenyama's blog で実に渋い趣味を常々披瀝しておられる kenyama さん、もしこれをご覧になってお気が向いたらお願いします(もちろん、ご迷惑でしたら放置していただいても結構です)。

----------

最後にやはり繰言を書いてしまう……以下は文字通りの蛇足です。

>> More
スポンサーサイト
category: backyard | permalink | Comments(5) | Trackbacks(0) |

UC Irvine ブロガー・アンケート結果公開

甚だ微力ながら、昨年(2004年)8月の拙稿でもアンケートへのご協力をお願いした、ブロガー意識調査 [UCI] Blog Survey の結果が公開されている。同調査を行なった米国 University of California, Irvine 校の大学院生 Norman Makoto Su さんから、本日(6月3日)メールでお知らせいただいた。拙稿を通じて時間を割いて同アンケートにご回答いただいた方々がもしいらしたら、私自身は単なる紹介者に過ぎませんでしたが、御礼申し上げます。ありがとうございました。

結果は以下のとおり、2本の学術論文としてまとめられている。各々、学会/コンファレンスでの発表も行なわれたようだ。いずれも pdf ファイル、英文で、Su さんを筆頭著者に、5人の連名名義:(ご注意:パーレンで括った和訳は、論文標題の非公認(unsolicited)拙訳です)

  1. A Bosom Buddy Afar Brings a Distant Land Near: Are Bloggers a Global Community? 全20頁
    (「遠くの親友が見知らぬ場所を身近に:ブロガーはグローバルなコミュニティを形成しているか」)

  2. Politics as Usual in the Blogosphere 全15頁
    (「ウェブログ界における政治ネタ」)

各篇の梗概は、Su さんのこの調査プロジェクト関連のウェブログ Prospecting the Blogosphere、2005年6月2日付の最新記事「Blog Survey Findings」でも抜粋、紹介されている。

早速拝読したところ、アンケートは1400強の回答を集めた由(日本からは1割強を占める約150の回答があったようだ)。このうちの有効回答1232について、

  • ウェブログが及ぼす実社会への影響の度合い(activism)

  • 読者による評価をブロガーはどの程度気にかけているか(reputation)

  • ウェブログを通じて形成されるコミュニティ(social connectedness)

  • ブロガーの実名・筆名・匿名(identity)

という4つの評価基準を立て、ブロガーの国籍(論文1)・ウェブログの主な内容(論文2)に基づいて分類比較して、統計的に有意な特徴が現れるかを分析している。

私は無論、こうした論文を適切に評価する能力を欠いているが、それでも

  • 論文1の結論で論じられる、東南アジア・大陸中国と台湾・日本のブロガーに見られる地域/民族/社会固有とみなしうる特異性。たとえば、日本ではブロガーは個人情報をウェブログ上で公開することを避ける傾向が強い……等々

  • 論文2で統計処理を通じて浮かび上がった、政治がらみの記事を書くブロガーがもつ、それ以外の(論文では「個人的/趣味に関する(personal/hobby)」と形容されている)ウェブログ著者とは顕著に異なる姿。たとえば、比較的高い平均年齢、読者を陽に意識した執筆、現実/実社会への働きかけの手段としてウェブログを認識している割合が高い……等々

などの分析結果は、たいへん興味深く読めた。

実は、上掲拙稿を書いて以降、予定の期日を過ぎてもこの調査プロジェクトのウェブサイト・ウェブログともにずっと変化がなく、ご紹介した以上このまま何の結果も出ないのはどうも……などと(誠に失礼ながら)やや心細く思っていた。当初から大学院での演習課題であるとは伺っていたが、こういう形で公式に調査・分析結果がまとめられるとは、少なくとも私は予期しておらず、いささか驚いた。調査の結実をお祝い申し上げるとともに、結果公開をわざわざお知らせいただいた Su さんに感謝している。

category: backyard | permalink | Comments(0) | Trackbacks(1) |

更新停滞のお詫び

諸般の事情により、前回更新から約7週間というたいへんな時日が経過してしまいました。この間ご心配いただいた方々、更新がないか確認にご訪問いただいたにもかかわらず結果的に幾度も無駄足を踏ませてご迷惑をおかけすることになった方々に、深くお詫び申し上げます。

これは本来「About...(本サイトご案内)」で書いておくべきことでしたが、ウェブログ形式でサイトを開設した当初から、更新を停止、あるいはサイトそのものを閉鎖し駄文をすべてウェブ上から撤去する場合には、その旨きちんと事前にアナウンスするつもりでおりました。

しかし正直なところ、今年4月上旬以来更新停止がなし崩し的に常態化してから、このまま更新を中止し、後日ひそかにサイトを閉鎖しようかと考えたのも事実です。これは、かなり低い更新頻度で駄文を今後も連ねていくこと、また公開済みの各記事の内容の薄さと文章の拙さをそのままに(理論上は)“世界に向けて(world-readable に)”公開しておくことに関して、思い悩むところそれなりに大であったことによります。

今後またいつか、こうした自己嫌悪と安直な“燃え尽き感”に苛まれて更新が長期にわたり停止する状況がおそらく確実に訪れると思います。また、現時点で(これもサイト開設当初から考えていたことですが)にわかに更新頻度を上げるという、自分にとっては端から無理なことをしようという気にもなれないままです。お詫びのなかで殊更にこうして我儘なことを口にするのはなおさら失礼であるのは重々承知しておりますが、これがいまの私の率直な気持ちです。

それと同時に、いかにさみだれ式であれ、自分の狭い視野・興味関心の許す範囲で、これからも更新を続けていこうとも、いま思っています。これまでの更新の滞りをお詫び申し上げるとともに、実質的に“再開”と呼ぶべきこの機会を借りて、改めてこれからもどうかよろしくお願いいたします。

category: backyard | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

再度のサイト移転のお知らせ

移転して参りました。こちらでもよろしくお願いいたします。

以下は移転元(http://moondial.jugem.cc/)に掲げたものの再掲です。

>> More
category: backyard | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |

誠に申し訳ありません、再度の移転を検討中です

御注意〕 本稿は(執筆時点で)そこからの移転を検討している元のサイト http://moondial.jugem.cc/ に関することです。

>> More
category: backyard | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。