スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告 | permalink | - | - |

ひとつの理想形:Gert Holbek の Polonius

Gert Holbek: Polonius

また濃いネタです。

文字通り身近にあって、物であるのに一緒に過ごした時間の経過を感じさせてくれるような道具には、愛着が湧く。物も使い手とともに歳をとる。学生の頃から使い続けて紙がくたびれ、ページの耳にめくれ癖のついた辞書。丁寧に扱っていても弱い縫製のところからどうしてもほつれてしまい、使えなくなった革製の財布(革に艶がついていて捨てられない)。メッキが剥落して地金が出た最も安いクラスの Zippo ライター。使っては研ぐうちにごくごく僅かずつ刃が小さくなっていく切り出しナイフ、などなど……。

パイプも、使い込んでいくと掌に馴染んで全体にふわりと温かい色合いになる一方で、使い始める前にくらべると木目がよりくっきりとしてくる。

流線形

パイプの本で写真を見てから、実物を一度でいいから見てみたいと長年思っていたパイプがあった。ほぼ完全な一目惚れだった。Holbek(ホルベック)というデンマークのパイプ作家が作り出した Polonius(ポローニアス)というシェイプ(パイプの形/型)がそれだ(掲げた画像は、松山荘二『デンマークのパイプ』(青英舎、1983年)の見事な巻頭カラー口絵(8頁もある!)から拝借した。同書についてはまた別途書きたい)。無駄がなく隙がない。それでいてどこかやわらかい。

>> More
スポンサーサイト
category: nicotiana | permalink | Comments(2) | Trackbacks(0) |

“思い出”のJTパイプタバコ「飛鳥」

パイプから離れて数年経つ。3、4年年ほど続いた、ほとんど偏執的と呼ぶべきパイプ・スモーキング熱中期がいつの間にか終息してからは、ウェブでのパイプ関係の情報蒐集も時々するだけになってしまった。それでも、自分でblogを始めてみると、まずは Bulkfeeds で「パイプ」や「煙草」「タバコ」などを検索していた。ジャズと同じで、タバコとパイプにも、なぜか人に夥しい言葉を費やさせるものが潜んでいる、と思う。

生産中止はこっそり発表?(笑)

検索してリンクをたどってみたのが、本稿のトラックバック先のRyus@さんのblogだった。JTが国産パイプタバコ(および葉巻)の生産を中止し、海外での委託製造に切り替えるという:

このプレス・リリースの発表の日付を見て、松明け早々にまるでこっそり流したかのように思うのは、昨今とみに肩身が狭い愛煙家の僻みか(苦笑)。もう長年続く、タバコの社会的位置づけの低下を考えれば当然かもしれないが。Ryus@さんも書いておられるが、パイプタバコはどんどん減りつつある街中のタバコ屋でも最初から扱っていないところが多く、とにかく手軽に入手しにくい。今回の決定で、パイプタバコはさらに影が薄くなるのだろうか。

「飛鳥」

個人的には、JTのパイプタバコ銘柄に思い入れはない。自分がアロマティック(ケイシング(casing, 香料)などで香り付けを施した)タバコをほとんど喫わなくなった一方で、現行のJTの銘柄はすべてがアロマティックだと言い切っていいと考えるから。ただ思い出はある。「飛鳥」は、JT自身による商品紹介によれば:

黄色葉およびラタキア葉を主体に、暗色火干葉などを配合して加香した高級パイプたばこで、丸型平缶入りのしっとりした甘い香りが特徴。

というブレンドで、「ラタキア葉」への言及があるのは、上掲のページを見るかぎり「飛鳥」だけのようだ。そして、私が最初に試したラタキア入りのパイプタバコが、(不幸なことに)この「飛鳥」だった。否定的なことはできるだけ書かないというのを方針にしたいので詳細は省くが、とにかく「なかなか」の体験(笑)だったと言っておこう。

ラタキア葉

ラタキア葉 (Latakia) は、燻製によって加香醸成したタバコだ。燻してあるので特有の癖のある匂いをもつ(日本では「正露丸のような」などと言われることもあるようだ)。ペリク葉 (Perique, 植物性の水溶液に漬け込んで発酵させた特殊なタバコ葉) やその他のオリエンタル葉(生育された土壌の影響を受けて特有の香りをもつタバコ葉で、植物学的にはふつうのタバコ(学名:Nicotiana Tabaccum)とは別種のものもある)などと同様、基本的には熟成以外に手を加えていない素のタバコと適宜ブレンドすることにより、喫味(喫んだ時のタバコの味わい)に深みを与える。ブレンドの元になるタバコと同じタバコ葉であることには変わりはないが、いわば一種の「薬味」だ。

しかし「飛鳥」は、ラタキアを加えたうえに、さらに甘めのケイシングを施してある。下手な比喩になってしまうが、中国山椒や葱や豆板醤でキリッと味を調えた麻婆豆腐に、どっと砂糖をかけたようなものだ。発売開始時期が1973年ということは、当時のキャヴェンディッシュやアロマティックを多用したタバコの流行(があったと仄聞しているが、未確認)に大きく影響されていたのだろうか? JTは、紙巻では「ピース」のような、素のタバコ葉の味わいをうまく活かしたすばらしい銘柄を作り出し維持してきた。なぜパイプタバコではそれができなかったのだろう。

ただ、JTがこのたび自社銘柄を生産委託する Mac Baren 社は、アロマティック・ブレンドの本場である北欧(デンマーク)のタバコメーカだ。「飛鳥」もひょっとしたらファインチューンされて、ラタキア入りのアロマティック・タバコという、世界的にみてもおそらくさほど成功例がないユニークな銘柄として新生なるかもしれない(……と、最大限希望的な観測を記しておこう)。

category: nicotiana | permalink | Comments(0) | Trackbacks(0) |
About This Site

おもに音楽と読書にまつわる雑感を随時綴っています。

Table of Contents
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Credits
  • Most of the photographic images carried here are from the superb collection of free stock photos, stock.xchng
  • CSS and HTML template edited using ComponentSoftware RCS, an excellent RCS suite.
  • Textual contents of this site licensed under a Creative Commons License (by-nc-sa), except where otherwise noted with my sincere acknowledgements.
    (CC)2004–2006 by moondial. Some rights reserved.

    Creative Commons banner

For Syndication
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。